14-05-11

先日、母に頼まれノートパソコンを購入しセットアップをしたのだけれど、その時のOSがWindows8.1。
一応Windows8は触った事はあるものの本格的にいじった事はなく、今回頼まれたセットアップをいろいろやっている内に、「あれ?実は結構使いやすいんじゃない?」と感じた。
前からOSのクリーンインストールしたいと思っていた事もあり、思い切ってWindows8.1でクリーンインストールをやろう、と思い立つ。

クリーンインストールの際にはHDDを足そう、元々のHDDはRAID0で使おうと決めていたので、OSと合わせて必要となるものを注文し、昨日届いた。
足すHDDは4TB、まずはここにバックアップを取って作業をしよう、と決める。
という訳でHDDを接続し、フォーマットを開始したのが、昨日。
よし、終わってない…!

私(わたくし)、宗教上の理由で購入直後のHDDは物理フォーマットをするのですが、さすがに4TBのフォーマットは時間がかかるものですねぇ…。

そんな訳でパソコンで遊びたいものの遊べない事もあり、いつもよりたっぷり子供と遊ぶ。
3歳児と1歳児、もう張り合う張り合う。
特に1歳児は、3歳児という「自分に近い身近なお手本」があるからか実際成長が早いんだけれど、本人はもうすっかり3歳児と対等なつもりらしく全然引かないし。
子供らしい我の強さ、ふたりとも徐々に成長していってるなぁ。

自分と外部の境目を知って、自分がいる事を知って、自分と他人がいる事を知って、自分と他人が違う事を知って、自分の見ている世界とは違う世界もある事を知って。

そう言えば確か上の子くらいの時に、「自分って何だ」ってのを初めて意識した記憶がある。
俺の行っていた幼稚園は2年制で、幼稚園に入る前は「なかよしサークル」っていう公民館で開かれている親子教室みたいなのに通っていた。
なかよしサークルで遊んで、そこの友達の家で遊んで、帰ってたらご飯を食べて昼寝。
寝付きが良い方ではなかったので、天井を眺めながら「今こうして天井を見ている僕が死んでしまったら (いなくなったら?) この視点はどこに行くんだろう」「こうやって考えている僕が生まれていなかったらこの意識はどこに行くんだろう」という事をぼんやり考えていた。

こうやって改めて振り返ると、「子供、子供」と思っているYO児くんも、意外といろいろ考えているんだろうなぁ。
幼稚園に通うようになって前にも増していろんな事を喋るようになったYO児くんは、一体どんな事を考えてるんだろうなぁ。

あわせて読みたい