2014-09-21 (内容的には22日のもの) ― Crayon Dragon

子供の予防接種に付き合い小児科へ。
そしたら待合室にあるモニタで子供向けの映像を流していた。
流れている映像は大抵有名なもの (例えばアンパンマンとか) だったのだけれど、中には全然知らないものも混じっていてなかなか面白い。
例えば、チェブラーシカのコマ撮りではない普通のアニメーションとか初めて観た。

そこで見かけた映像の中に、とても好きなタッチのものがあったので紹介。
『Crayon Dragon』という作品で、カルフォルニア芸術大学の学生による自主制作アニメらしい。

 

観ていて、ああ絵描かなきゃ、描きたいなぁ、と思わされた。
こう、子供の頃の、ただ描いてるだけで楽しかった記憶が呼び起こされる様な、そんな映像。
表情や動きがとても活き活きとしていて、また音楽がすごい合ってるんだ、引き込まれる。

凄い良かったんだけれど、アンパンマンやチェブラーシカに混じってこの映像が流れたのが何故なのか気になる。 多分とてもマニアックな方向のものだと思うんだけれど…。
この病院の人の誰かの趣味なのか、それとも映像配信サービスのものなのか (病院の待合室専門の映像配信サービスとかあるんだよー前に仕事で関わってなるほど隙間産業!と思ったりした)、私、気になります!

あわせて読みたい