2014-04-20

 下の子の「お留守番」、慣れてもらわないといろいろと困る。一緒に留守番開始してから「とーとは嫌なイベントの時の人物」と認識された様で風呂入れる時に泣くどころか顔を見て泣くように。これは本当に困る。
 ので、思い切って泣き止むまでずっと抱っこで慣れてもらうという荒治療を試みる。一緒にお出掛け~の時なんかは抱っこ紐見ると嬉しそうに寄ってくるのできっと…きっと!

 そんな訳で抱っこ紐装着。ギャン泣き。抱きかかえ抱っこ紐に。全力で抵抗。そのままふらふら歩き回りつつあやしつつ。延々ギャン泣き2時間。泣き疲れて眠る。ふーやれやれ。
 …って駄目だよ、合ってるようで間違っている。「泣き疲れて眠る」んじゃなくて「とーとと留守番でも大丈夫」になってもらわないと…!!

 まだまだ彼との信頼関係再構築には時間が掛かりそうだ…。

あわせて読みたい