2014-04-08

 今年の頭に気合を入れて水槽のリセットをしたんだよね。生体他の水槽に移して、水槽や機材洗って底砂その他取り替えて。
 で、水が落ち着いたら中に入れる水草やその他購入して生体を移そう、と思いつつ、別水槽でも特に不便がなかった事もあり放置。
 気がついたらグリーンボックスと化す掃除した「はず」の水槽…。底砂なんかクリープ状に苔が覆ってて見ようによってはエイリアン的な有り様。

 いい加減何とかしよう、とミナミヌマエビを注文。これをどばっと入れて一気に苔取りさせるのだ。
 そんな訳で先週注文したのが昨日事務所に届く予定だったんです。
 でも待てど暮らせど届かないんです。
 発送通知に「消費税増税の駆け込み需要の為配送が遅れる事が…」とあったのでその関係かなぁ、と思いつつ帰宅。ご飯食べたりなんだりしてたらチャイムの音。はて?と出たらヤマトで、夜9時にしてミナミヌマエビくん 自 宅 に 届 い た 。

 届いたらできるだけ早く水槽に移した方が良いのは確かなので (勿論水合わせとかは必要だけれどね) 一瞬「今から事務所持ってくか?」と思ったものの、流石に時間遅いし面倒くさいし諦める。
 ひやひやしながら玄関先にパッケージを起き一晩を過ごし、今朝事務所に持って行き水槽に投入。驚いたことに1匹も死着なし、素晴らしい。

 エビ投入後は2時間程度ではっきり水槽の苔が減っている事が見て取れ、帰る頃にはほぼ苔のない綺麗な状態に復活。
 ミナミヌマエビはヤマトヌマエビに比べ小さいので、苔除去能力は高くないとは言われているけれど、流石に数が揃うと凄い。なんていうか苔クリープとはまた違った意味でエイリアン的。
 余談だけれど前述のヤマトヌマエビは汽水域で繁殖するエビなので、他の熱帯魚入っている水槽で増える事はないんだよね。ミナミヌマエビは普通に淡水で増えるので、苔除去能力低いと言われてもミナミヌマエビの方が好きなのです。

 さて、今度はこのエビを別の水槽に小分けにしたり、綺麗になった水槽に生体入れる準備をしたり…。
 今度は苔むす前に何とかしよう。

 そして今度はちゃんと受け取り住所間違えないようにしよう…。

あわせて読みたい