2014-09-30 ― メイクMeラバー

今回も投稿内容長い
まるでアラビアのロレンスみたいに
多分この日記の全記事で最長(やったぜ。)

普段は真面目にやらないけど、なんか気になったので手を出したエロゲが割と面白い

 

エロゲを真面目にやるってなにそれ? と疑問をもたれるかもしれないけど

つまり他のPCゲームと同じようにwiki見ながらの攻略が必須だったとい話

最近やりはじめたゲーム(アダルトコンテンツ)

メイクMeラバー

メイクMeラバー

はてブ数

遙か昔に始まった人間と魔族の戦争。始まった理由を覚えている者がいなくなった現代でも、その戦争は続いていた。戦争を支配するのは、人智を超えた強力な能力を持つ「魔法使い」。そして、主人公は現代でも強い力を持つ、1人の強力な魔法使い。彼は国の要請で、とある戦場に赴くことになる。彼とその仲間達が参戦したその戦いは、後に『千年戦争』と呼ばれた戦いに、1つの終止符を打つことになるのだった…

概要は公式サイトに詳しいので、ここは日記らしくさらっと(嘘)抱いた印象など
キャラメイクのできるエロゲ(ほぼ3D?)の中で、2D紙芝居劇という信頼と伝統で、それをどのように見せてくれるのか……というのが最初のとっかかり
キャラメイクできるエロゲの最大の魅力って、辛辣に言わせてもらうと「ハズレ無し」にできるところだと思う

いや、ほら、エロゲに限らず他人の創ったキャラクター見た時に「あー、コイツちょっとイマイチだなあ」とか「この性格なら黒髪ロングより赤毛ポニテだろ常考」なんて思うじゃん?

え? 俺だけ? なわけないよな

特に主人公をプレイヤーの分身(アバター)みたいにして、箱庭の中で遊べるゲームにそういうの多い気がする
多分、そういうキャラメイクのルーツは、ドラクエとかを起動した時に「主人公の名前を決めてください」か……? まあいい、話がそれた

で、肝心の今回やりはじめたエロゲーなんだけど
あらすじは単純で
「人間界と魔界で戦争してます、特に何も支給しませんが戦ってください♪」という、RPG界おきまりの最悪な状況下で始まる
檜の棒くれるドラクエの王様のほうが良心的

主人公は前線で戦う魔導師をしつつ、育ての親のエルフ族のロリババア元帥(怠け者)の代理をしたりと、結構忙しい
ある日、町外れの旧い遺跡を調査している時に、その中で光る巨大水晶とその中に少女を見つける
同時に、遺跡に進軍してくる魔界の軍
仲間たちが外で応戦している時、主人公は不思議な力に吸い寄せられるようにして、巨大水晶に近づく
水晶から現れた少女を保護して遺跡から出たところ、彼の前には魔王が立ちはだかる
どうやら、魔王の目的は先ほどの少女だった模様
こんな前線に魔王が現れたことに驚きつつ、少女を守るために無謀な戦いを強いられる主人公
だが、力の差は歴然で主人公はあっという間に劣勢になるものの、何者かに助けられる
主人公は少女を抱えてその場を離脱したところで気を失い、合流した仲間たちに救助される

ここまでが冒頭の流れ

キャラメイクできるのはこの冒頭で保護したメスガキ……もといヒロイン1人のみ
ネットではヒロインのことを「カス子」って皆が呼ぶけど、俺はメスガキの呼称が圧倒的に好き
ジンコウガクエンとかやってたら、キャラメイクできる人数が1人だけってのは物足りない気がする
でも他のヒロイン(攻略対象)キャラまでキャラメイクできるようにしたら、作画の作業量で絵師が失血死してしまうのかも

日常の立ち絵シーンとか、見せ場のエロシーンで自分の好みのメスガキが動いたり、泣いたり笑ったりスケベされたりというのは実に楽しい
細かいとこだけどステータス画面のアイコンとかデフォルメ画像でも、しっかりキャラメイクが活きているのにとても感心した

あとキャラメイクをすると、ヒロインにちょっとした親心的な愛情を抱く(主人公とこの辺で感情的にはシンクロしていく)

このキャラメイクという行為が紙芝居物語の設定とも絡んで、シーケンスが進んでいくんだ
これによって、プレイヤーの感情を主人公サイドに誘導できるのが、本作最大の功績
メスガキ可愛いよメスガキ

キャラメイクに関して、一番残念だったのはヒロインの性格(声)が一種類な点
ヒロインの性格は天真爛漫という感じで、純粋で小動物的な少女といって良さそう
まさにメスガキ
だもんだから、ロリ体型を選んでメスガキ作成する分には良いんだけど、それ以外の体格にした時に声と性格がメスガキのままだとちょっと違和感

SMLと体格に合わせて性格をそれぞれ作るべきだったんじゃないかと、個人的にほんとそれが無念
もしくは、キャラメイクの中でジョブチェンジができるんだから、それに合わせて性格が変わっていってもよかったんじゃないか(そちらの方が種類が多いし)
個人的にファーストコンタクト時の、人形みたいなメスガキの性格が欲しかった

クーデレ育てたいねん
「クーデレは別キャラと被るじゃん」
ごめん何言ってるかわかりません
だってその別キャラはロリじゃないんだもん……クーデレはロリに限る、これは法整備が必要な案件だ

ゲーム本編はは紙芝居ではなく、RTSぽい画面ではじまる
主人公のタスクは魔界の侵攻を阻止するために、軍備を整えたり軍備を整えるために街を発展させたり、資源を調達すること

早い話が主人公は三国志の曹操で、舞台は許都……つまり並の人間なら週に一度は過労死する忙しさ

実際忙しい

流れ的には内政(街の発展)と戦闘(門の防衛)と遠征(資源調達)をうまくループしていく感じで、その合間に条件を満たしたことで発生する「イベント」として、紙芝居を見ることに
しかし、本編の侵攻を左右するRTSパートがかなり難しい(色々なレビューサイトで言及されているが)
気を抜くとあっという間に防衛に失敗してゲームオーバー(コンティニュー無し)
エロゲーなんだから、もっと緩く遊べても良いはずだけど、でもそんなのかんけーねー
一応、アップデートで難易度選択できるようになったけど、選択場所を明示しないで設定画面にちょこっと置いておくのはどうなんだ……?

正直言ってこのパートは遊べるけどあんまり面白くはない
RTSやったことないので、まったく知らないが、まずは操作性が悪い
ARMAシリーズみたいに、ユニット複数(または全員)選択して一気に移動させたりとか、なんでできないんだよ

例えば、複数キャラを両翼に展開したい場合、キャラに1人ずつ命令出さなきゃいけん
これが超絶めんどくさい、主人公より先に俺が死ぬ
開発は馬鹿なの? 死ぬの? テストプレイしたの?
勿論、負けたら即ゲームオーバー

こういうゲームは陣形整えるのが(多分)重要なんだから、ファンクションキー1発で例えば「くさび型」なり「横隊」なり「菱型」なり選べるようにしてほしいところ
さらにこのパートを退屈にさせているのが、戦闘によって得るものが「何もない」こと
いや本当はあるんだけど、正確に言うなら「欲しいものがない状態」

要は戦闘に勝っても「前線を押し上げられないのが大問題」

魔界側はこっちに毎週のように進行してくるのに、ずるくね?
というか、軍部や参謀たちは何してんだという話
お前ら戦争に勝つ気があんのかと、小1時間問い詰めたい
俺は調子に乗って前線を押し上げたはいいけど、補給路を攻撃されて前線が孤立化とかしたいのに(旧帝国軍的戦略破綻)

戦闘の勝ち負けで「戦線」を綱引きするという要素が皆無
そのためどんなに街を広げても「常に同じ場所」というか街の目の前で戦闘を強いられる
これはゲーム的な面から言っても「このマップは平野だから騎兵で無双しよう」とか、プレイヤーに戦術を考えさせることもなくて、非常に退屈

といっても、最初は軍資金カツカツの中で軍備拡張するから、そんな余裕ない
軍資金に余裕出来たタイミングになると、正攻法でクリア困難なくらい敵ユニットがハイパーインフレ起こすので詰みかける

というか詰んだ

しかも2回も……
RTSパートの難易度がシビアすぎて、肝心のストーリーがまったく追えない
というか疲れてそんな余裕ない、テキスト読むのダルい台詞聞いても耳に入ってこない
ちょっとゲームのバランス悪いなあというのが、正直な印象と感想

2周目以降はアイテムやらが持ち越せるので、攻略が楽と聞いてストーリーすっ飛ばしてとりあえずクリアを目指す
あ……マジで楽だ(2周目)
しかしメスガキ可愛いなあ(黒ルートin)
キャラの戦闘面での強さは、ほぼ完全に装備依存のため強武器量産のために毎日探索
さらに、その装備にもレベル振りがあり、錬金して強化必須
軍資金が湯水のごとく上から下に流れていく……
軍隊の運用はほんと金かかる
チートツールで軍資金MAXにしてもいいんじゃないかこれ?
というか、クリア特典でそれくらいくれよ(切実)

エロゲーならばはずせないエロシーンについては、さすがKISSの作るゲームなだけあって多彩なシチュエーションがある模様(まだ全然コンプできてない)
作中である条件を満たすと、主人公が暗黒面に落ちるルートに分岐するんだけど、なんかそうでなくてもメスガキを娼館に連れてって接客サービスに従事させられる模様
白ルートなのに完全にブラックです

メスガキの飼育(攻略)を進めている場合は、白ルートでもエロ要素が意外と豊富のようだ

それで思い出したけど、白ルートまでの主人公は歴史の教科書に載っていそうなエロゲ的主人公(つまり俺が嫌いなタイプ)なんだけど、暗黒面に堕ちてからの彼は行動に強烈な動機付けがされており、普段は読み飛ばす独白パートが面白い

戦争が手段ではなく目的化していくのも、この手の物語の鉄板だし

それに併せて、敵に捕まったヒロインもまた調教を介して奈落と快楽の間に堕ちて行く……
純粋な初見プレイヤーは直後の選択肢ですぐに救出部隊を編成する
一方、それ以外のプレイヤーたちは「待ってました」とそんな選択肢は華麗にスルー
昼は主人公の魔界侵略パート、夜はメスガキの性奴隷育成パートと、さらに右手が忙しい
ついでに他のヒロインたちを問答無用で娼館で夜の接客業に従事させる

主人公は主人公で、暗黒面に堕ちた時に手に入れた能力で次第に軍隊を私物化
軍司令官(メスガキ2号)を強姦して言いなりにする非人道主義に覚醒

目覚めた人……ブッダ!

ただ、主人公が「そう」なった場合の結末って、ヒロインか誰かが蜘蛛の糸を垂らしてくれる展開が、ベタなものの必要だと思うのだけど、それがなかった
(まだ全てのエンディング見てないので、早計か)
「蜘蛛の糸」に倣うと、破滅が待っているわけだけど、紙芝居なので当然別の選択肢が出てくる
色々あった(悪事を働いた)けど、なんやかやでハッピーエンドです、というのは虫がよすぎるかな?

予告したのに結局「アラビアのロレンス」まだ未見……
エロゲやりすぎてもう枯れ果てたんです、許してください
何でもしますから

……ん?

あわせて読みたい

コメントを残す