140211

やるゲームが無くて暇だと思ったいたら買ったきり積みゲー化していたXCOMを発見、とりあえず軽くプレイ動画を見てから手を付けてみる。

シミュゲーとだけ聞いてはいたけど一風変わった感じの印象を受けた。小隊の一人一人を順に操作して装備・地形・スキルを活かすように展開して戦うゲームだ。戦略シミュはよくあるがこれは戦術シミュといったところだろうか。

しかし操作する隊員たちは成長要素があるものの、このゲームは死ぬときはあっという間に死ぬのでキャラロストが起こりやすい。敵の種類も粗方出揃い、中盤に差し掛かろうかというところでちょっとの油断から一気に小隊全滅に追い込まれて育った隊員をロスト、戦力を一気に失ったところで呻き声を上げながら頭を抱える。後に残るはスキルも装備も揃っていない新兵のみで一気にゲームが詰みかけたのでニューゲームから始めることにする。

しかし楽しいには楽しいが、神経を使って疲れるゲームなのでプレイは程々にして漫画漁りも平行して行う。読み途中の作品の新刊は出ていないか、もしくはまだ読んでいないが面白そうな作品はあるか。

本棚を整理しながらそんなことを考えていたところ、北崎拓の「このSを見よ」の最終巻だけ持っていないことに気づいたので、今度は1巻から最終巻まで改めて読み直す。恋愛ものは特に好きなわけじゃないのにこの人の描く恋愛ものはいいなぁと思うのは何でだろう、恋愛を綺麗なものとして描いていないからかなと考えるもどうもピンとくる結論は出ない。

とりあえず読み終えて興が乗ったのでそのまま過去作のクピドの悪戯シリーズも読み返し始める。

あわせて読みたい