友とコーヒーと嘘と胃袋。

新しい仕事用PCが届いたぞ!今度はデスクトップだ!!
これで机にコーヒーぶちまけても大丈夫!!!!!

勿論大丈夫なんて事はない。

前回使っていたノートはMouse Computerのものだったので、今回デスクトップも同じくMouse Computerのものにしてみた。
で、届いたPCに使い回し部品等入れて使用するつもりで届いたらまずパーツの組み込み、そしてOSのクリーンインストールする予定だったんだけれど、驚いた事にOSのディスクもプロダクトキーもついていない。
大抵の場合、少なくとも本体にOSプロダクトキーのシールついてたりするんだけれど、それすらなくて非常に困った。

別に海賊版OSが載ってるよとかそういう話ではなく、OEM版みたいなの?で、ライセンス認証された状態で納品されて、かつリカバリ用のデータはHDDの専用領域に入ってるよ、という感じらしい。
DELLのPCを買うと、やっぱりリカバリデータ用のパーティションがあって、リカバリCDでそこから工場出荷状態に戻せるよーとかあったりするので、まぁメディアとかのコスト削減として悪い事だとは思わない。
ただ気になった点として、前述DELLのPCだとHDDのリカバリ領域のバックアップをDVD等にライティング出来るツールが入ってたりしたんだけれど、今回のMouse ComputerのPCにはそういったものは特に見当たらず。
またOSのプロダクトキーも目に見える形で同梱されていないので、いざという時に取り敢えずOSをディスクからインストールしてドライバネットからダウンロードして…もしづらいよねぇ…。
この点はあんまり良くない気がする。

まぁ、それはそれとして取り敢えずインストールメディア自体は Windows 8.1 用のインストール メディアを作成する でisoをダウンロードして準備。
プロダクトキーに関してはどうしようもないのでWindowsのプロダクトキーを調べてくれるツールを恐る恐る使用し確認。

そしてOSのクリーンインストール。
思い切ってリカバリパーティションも削除。構成変えないのなら復旧楽なんだろうな、とは思うんだけれどね、HDDにリカバリデータ入ってるの。
まぁでも例え構成を変えないにしても外部メディアに置いておきたい派。HDDフルに使いたいじゃないですか!使い切らない容量だとしてもさ!!

そんな訳で一応問題なくライセンス認証もでき、ドライバ類はMouse Computerのサイトから入手でき、事なきを得る。
ハードウェア的な方では特に不具合もなく一安心。
前にドスパラのBTOパソコンを購入したらメモリの不具合で大変な思いをした事があるんだ…しかも俺だけじゃなくて弟も。(弟の場合はマザーボードの不具合や相性も酷かった様子)

元々自分でPCを組んでいたけれど、その手間を省きつつある程度自分の用途にあった構成にする為にBTOを利用しているけれど、それはそれで結構面倒な事があるので今度から自分で組むか、もしくはPC-Takeみたいなところで買うかなぁ。

PC-takeは過去自分で利用したり人に勧めたりしたけれど、「自分で組む手間をお金で買う」に一番近い感じがしてとても良いです。しかも構成に関して相談にも乗ってくれる。でもって更にロードテストまでしてくれる。素晴らしい。
ざっくりとした構成を元に、コスト的にはこの値段を上限とし、安定性重視でマザーボードやメモリはどれが良いですかね?みたいな相談をした上で購入したPCは今まで殆ど落ちた事がない。エクセレント。
という訳でPC買い換えを検討している方は是非 “じっくり相談に乗ってもらった上で” PC-Take利用しましょう。打ち合わせの分、納期は遅くなるけれど (そして少しでも早く新しいPCが欲しい!みたいな気持ちになるのも分かるけれど)、納品物の納得感・満足感・安心感が全然違う。

あわせて読みたい

コメントを残す