2015-03-14

昔のアニメの思い出

オイラが小学生の頃、夕方の晩飯時には今の深夜アニメみたいのがバンバンやってた
具体的にはエヴァンゲリオンとかね
同じ頃、オタクたちを虜にした(と思う)アニメがあった
いわんや機動戦艦ナデシコのことであーる

いやー、ハマったね
小学生だし、男の子だし、ロボット出てくるし
しかもね、中二病真っ盛りの時には劇場版まで作られるというオマケ付き
設定がね、結構面白いんだよナデシコって
宇宙戦艦ヤマトよろしく、ナデシコは特別な宇宙戦艦で
突如として火星に来襲した、木星蜥蜴なる無人兵器群に対抗するための決戦兵器
戦艦1隻で何が出来るんだよ?第7艦隊の機動部隊の編成見ろよ?どっちも頭おかしいわ
で、ここまでは「あーあるある」となるよね
プラスアルファ、登場人物が半分くらい可愛い女の子
かつては紅一点、という言葉があったけどね(今は逆)
このナデシコなる戦艦なんだけど、軍とズブズブ癒着した民間企業、ネルガルが所有権を専有しているという厄介な話
でもってナデシコ作るのに金かかりすぎて、肝心の人材確保が予算的に困難になってしまい
(その割には3番艦まで造ってたがな!)
ネルガルは「人格的に問題あってもとにかく能力優秀な乗務員をかき集める」という
で、その待遇はネルガルの社員、ということに
首輪として軍から提督と顧問を派遣、と
軍隊のことをちょっと勉強してると(してなくても)「うわー面倒臭え」「指揮系統どうすんの?馬鹿なの?」「責任者誰だよ?」
で、案の定なんだけど
この人員構成が後々の大問題へと発展していく、と

以下ちょっと(かなり)ネタバレ
どこからともなくやってきたエイリアンの無人兵器群、木星蜥蜴
それを送り込んでいたのは、かつて木星に棄民された人々の子孫、つまり、エイリアンではなく
同じ人間だった
で、その事実を知ったナデシコのクルーたちは(軍人ではない人が大半なので)、揺れてしまう
オマケに木星人たちはなんというか純朴で暑苦しい男の集団(稀に大谷育江もいる)
ナデシコに捕まった、木星人のエースパイロットはまるで昔のロボットアニメの主人公のように、熱いイケメン
ナデシコクルーは彼の口から、かつての地球政府がやってきた悪事やら色々と聞かされてしまう
地球の偉い人達は当然、そのことを知っていて
そもそも木星人たちがなんで火星に侵攻してきたかもわかってる、と
つまるところ、火星に古代文明の凄い遺産があって、地球も木星もそれを狙ってるの
主人公を中心に、ナデシコクルーたちは色々あって、そもそもの原因を作った地球連邦軍とネルガルと対立していく、と
一方でナデシコクルーと木星の熱血エースパイロットは急速に結びついていく
で、ナデシコクルーたちは単独で木星との和平を目指して、会談に持ち込むんだけど
木星側は例の熱血漢を人身御供にして、会談を装って暗殺(バレバレだろこれ)
政治的目的を達成するために「うわー、地球にうちのエースパイロットが暗殺されたー」と喧伝
銀英伝のレベロ政権下の自由惑星同盟並のマッチポンプだけど、国民は「地球許すまじ!」←素直
木星の和平推進派を黙らせるために利用した、と
ロボットアニメで(実は人間が敵だった場合)行き着くところは人間同士の醜悪な闘争なんだねえ
そういや、エヴァも最後の方はそれに近いところがあったな

そして最終決戦は再び冒頭の火星へ
地球と木星が総力戦を演じようとする渦中に、ナデシコとクルーたちは飛び込んでいく
利害が一致したこともあり、ネルガルは地球から離反し、ナデシコと協力することに
この辺のネルガルの身軽さというか、風見鶏な感じが実に民間企業で良い
つーか、最初っから狙ってナデシコ造ったんだろ、これ
地球と木星を潰しあわせて、最後に美味しいところ(火星の遺跡)を独占するために
まあ、その辺の目算はナデシコクルーが見事にぶち壊してくれるんだけど

ドタバタした挙句に、地球と木星は痛み分けして講話
火星の遺跡は共同管理という名の棚上げで、ネルガルにはお灸が据えられると
いやー、良いアニメだったなあ
そして劇場版へ……

なんであんな暗い内容にしたんだろね
というか、主人公、アキトの扱いが外道過ぎてなんかもう見るのが怖い
メシがマズい火星で育つ→料理人に憧れる→修行(本編+外伝小説)→テロリストに拉致されて改造人間化→五感(勿論味覚も)を失う→妻をテロリストに囚われる→復讐鬼誕生→劇場版→かつての仲間たちや救出した妻を残して孤独な旅へ
若い時は鈍感で全然平気だったんだけど
というか、馬鹿だから見てもよくわからなかったんだよな、たしか
つれーわー
見るのつれーわー
というかアレだね、劇場版のナデシコの冷酷なところって
復讐鬼として転生したアキトの行動を、昔の仲間が誰も止めないあたり
エリナ姐さんが唯一それをしてた可能性も微レ存
本編アニメで「大人の事情」を経てるから、ぶっちゃけ諦めてるのかもしれないが
ただ、あの艦長(アキトの妻)が前面に立ってれば、また違ったんだろうか……

しかし16歳のルリルリやたらと可愛いから全て許せる
制服にはじまり、浴衣にお風呂に喪服(不謹慎だが最高)までサービス満点
外伝小説また読みたくなってきたな
(ルリの航海日誌という体裁で書かれてる)
11歳のメスガキルリルリも水着回とか地味にサービスしてたなそういえば
ボソンジャンプで11歳のルリルリ調教して16歳のルリルリを愛でたい
エロ同人みたいに!

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 彼者誰 turunoyume より:

    ナデシコの中にでてきたアニメ ゲキガンガー3のOP熱かったですよね!

コメントを残す