プロットとはなんぞや!

シナリオを実際に書くよりも、一番難しいのがプロットだと思う。
要するにディテールの細かいあらすじなんだけれど、作品を生み出す第一段階であるからにして、全体の方向性やバランスは全て
そこで決定づけられる。
世の中にはお話の仕組みをシステマチックに解説した本なんかも売ってるんだけど、正直それだけで面白話が書けたら苦労はない。
ほんのちょっと、システムの理解が作品の向上に繋がることはあるかもしれないが、それでも基本的には沢山書いていく中で養われる面白い話を作る感覚と、今日まで生きていく中で構築されてきた感性がもっとも大事なんだよね。はたして、俺にセンスはあるのか!それは10年後くらいには判明しているであろう!

あわせて読みたい

コメントを残す