2015-07-07

前回日記からの微妙な続き
半ばスカイプのログがベースになってるので、またその話かと日記メンには辟易されてしまうかも

本免許をとりにいく
試験自体はまあ、習ったところがやっぱり沢山出てきた
これはもう、二日酔いに苦しみながら勉強した甲斐があるというもの
先生方の試験対策のお陰で、ほとんど問題なく解いていける
バイクの問題が思っていたより多くて、ちょっと悩んだりもしたけど
むしろ手続きの方が煩雑で、この辺は教習所が書類準備等を殆どしてくれたのでパス
というか、持参した書類にしつこく住所や氏名が書いてあるのに、申請書にさらに手書きさせるのが謎
何のための住民票と身分証明書なんだ…?
まあいい
あとは試験場の事務方というか警察?から出向している人の態度が悪すぎるのはもうお約束かな
役人って元々嫌われて当然みたいなところがあるから、向こうも向こうで開き直ってるのだろうか
適当にはいはい相槌売って流しとけば良いので、こういう相手の対応は実は楽
試験を通って、手続きを追えて、免許ゲット
やったぜ
教習所にも電話でお礼言ったの
ほんとは手紙か何かしたためるべきなんだろけど、ぬんどくさかった

翌日くらいに、教習生仲間の後輩君(1週後に入校してきた)から連絡をもらう
ほぼ同じようなタイミングで、教習所を卒業した模様
おめでとう(ここの存在を彼は知らないが)
卒業検定前に不安そうにしてた彼には、
「落ちたと自分で思ったら、今日の晩御飯のことを考えると良いよ」と華麗なアドバイスをしたものよ
なんか笑われたけど、でも絶望して運転が雑になるよりマシだと思うの

聞く所によると、俺ってば先生方のオモチャというか、話の種にされてるそうな
いわくに「高速110キロはやりすぎ」「精神面が常に斜め上」
ある日の学科教習風景
「あ、適性検査だけどね。これアテにならないから
ここ半年間で1-Dという最低クラスの結果出した人は
ひ と り し か い な い
けど、その人この前卒業してったからね
試験も検定も全部一発合格で
その程度のものだから」
淡々とした語り口が評判のその先生がそうだから、他の先生方はどうなんだろな
おかしいなあ
俺は比較的模範的な、おとなしい、落ち着いた、良い教習生の振りをしてたのに
へんだなあ

さあて免許もとれたことだし
うちの車(日産ノート)で遊ぶかな
免許と車の鍵をそれぞれの片手に、意気揚々と家を出て駐車場へ
「……あ」
早速詰んだ
駐車場から車どうやって出すのかわからない俺
なんかエレベータかリフトみたいなのをサンダーバードみたいに地上へ出す、
いわゆる、立体駐車場になってるんだけど
ボタンを16連打しても反応がない……なんか鍵穴がある
はい、詰んだ

後日リトライ
母親が車屋さんに用があるというので、運転手を拝命
今まで知らなかったけど、うちの車はハンドブレーキがクラッチペダルの位置にあったのか
うっかり踏まないかちょっと不安になったりする(踏めない位置に左足を置いとけば大丈夫)
うおー
ハンドル軽ぅい
なんだこれなんだこれ
ハンドル軽すぎて怖い
ギアレバーもなんかいつもと違う(当たり前)
うーん、車自体は良いんだけど、ハンドルとかギアレバーの感じは教習車の方が操作性上だなあ

その後、一人でご近所運転の練習してきたんだが
「ローに入れにくいなうちの車」と母親に相談したら
「ローとか使ったこと無いからわかんない」馬鹿かよ
それとももしかして、あれ、俺が間違ってるのか……?
いやでも、急な下りとかだとオートマでもセカンド(またはロー)に入れたりするよな
うーん
あとはうちの車庫限定で車庫入れは楽勝で出来るようになった
近所の男の子たちが、毎回、車庫のリフトを興味深げに見てくる
飽きないのかよ、つーか昔の俺かよ

教習所は卒業できたけど、まだまだ練習したり勉強しなきゃいけないなあ(小並感)

あわせて読みたい

コメントを残す