でないとめだまをほじくるぞ。

よく子供とゲームする話を出しているけれど、実際ちょっとした時間にスマホでツムツム交代で遊ぶ等々何かとゲームで遊ぶ時間が多くてあまり宜しくない。

そんな訳で模造紙を購入。
お風呂あがり、寝るまでの時間で子供部屋の床や壁に貼り付けて落書き遊び。
道路や家、レース場等を一緒に描き、トミカを走らせて遊ぶ。

一回そういう遊びを見せてあげると、なるほどとばかりに自分でも描き始め、「そうだいいことおもいついた!」等と言いながら小さいながらも創意工夫も混ざり始める。
その様子を見ていると、いろんな「方向」を提示してあげるのって大事だなぁ、と思ったりする。
自分で見つけ出す事も大事なんだけどね。

上の子も下の子も一通り好き放題に描いてトミカ走らせる方に夢中になっていたので、手慰みに出ていたクレヨンで落書き。
下の子が「なんだー?」と言いながら様子を見に来たので、彼の好きなトトロを描いた。
描き始めは当然何を描いているか分からず「なに?なに?」と聞いてくるんだけれど、ある一定の段階で「おおー!○○!」と描いているものが何だか理解して名前を当てる。
大体目を描いたところで理解するんだよね。

カーズやトトロ等から幾つかのキャラクターを描いたんだけれど、それぞれ書き順をいろいろ変えて描いてみたんだよね。
そしたら目を描き瞳を入れ、とした時の方が、しなかった時よりも早い段階で何を描いているか気付く事が多かった。

普段絵を描いていて、目の描き方で絵の雰囲気が変わる事も多いし、何か面白いなぁと思ったという話でした。

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. 彼者誰 turunoyume より:

    ゆきちさんはいいお父ちゃんっす!僕も同じような遊びしてました、コースを描いてそこを、スポーツカー消しゴムを弾いて走らせて勝負させてました。

    • ゆきち より:

      >> turunoyume
      なるほど、その遊び良いね。
      適度な重さのある箱 (それ用に消しゴム買ってきても良いなぁ) にカーズキャラクター印刷した紙を貼り付けて遊んだら子供喜びそう。
      今度何か考えてやってみようと思うよ、さんきゅう!

コメントを残す