2016-01-23 カーナビ取付(その弐)

僕はGPSが大好きです
突然の告白

GPS……今ではなくてはならない技術だろう、カーナビからスマートホン、列車や飛行機から船まで
人間の乗るもので、これなくしてはもうままならない時代になったんではなかろうか
とか言いながら、我が家の車にはずっとカーナビがつかず、頭の上で「?」が灯る
ついに運転免許をとった去年の夏、ユキチさん宅へ遊びに行くときはひどく苦労したものだった
あとKMR君が2~3回ほど心停止した
そんな日々とはもうおさらばである
なんといっても、我が家の車に待望のカーナビがついたのだから(前回の日記)

さて我が家の旧型ノートにつけたカーナビは、パナソニックのゴリラである
よくある、後付のポータブルナビなので、どうしても衛星の測位に不安があった
当たり前だけど、ナビの本体にはGPSのアンテナが付いているが、果たしてそれで大丈夫なのかと
意識することは無いかもしれないが、ガラスを通したらGPSの電波は弱まるそうな
公式のHPを見ていると、オプションの項目に外付け用のGPSアンテナがある
コレだ!
閃いたので、早速、アマゾンを見に行く
が、値段が高い! 純正品だから多少はと、覚悟したのだが……やっぱり高い
アマゾンのお勧め品を見ていくと、互換性のあるプラグの社外品アンテナが半額以下で売っている
コレだ!

というわけで、配達されたGPSのアンテナを取り付けることに
「FM-VICS」と同じように配線して今度は運転席側にケーブルを引き回していく
アンテナ本体には磁石が付いているので、防水ゴムに滑りこましながら、ピラーの外側へ

配線が終わったので、電源オン
早速、GPSの測位画面を確認すると、同じ場所で衛星は11個キャッチできていた
前回、素の状態で8個だったのが11個……その差微妙?
まあでも安心感を買ったということで

お試しということで、10kmほど離れた祖母宅へ試しに行ってみる
特に用はなかったので、お茶の相手をして夕方に帰る

あわせて読みたい

コメントを残す