9月3週目

9月3週目

ゲーム!ゲーム!ゲーム!な一週間…だった割に、それでも平均一日1時間位描いていた事になるのが意外で吃驚。
時間かければ良いというものでもないし、かえってメリハリがついた…とはやっぱり思えないなぁ、ゲームをやっていた記憶しかない。(笑)

お絵描き時間 (9月12日~9月18日) 7時間17分21秒

War Thunder

以前から興味があったものの何となく踏ん切りがつかなくてちゃんとプレイしていなかったWar Thunderを始めてみた。
がくとんくんに戦車戦を大プッシュされたけれど、まぁまず大好きな空戦から。

レシプロ機の空戦は Microsoft Combat Flight Simulator 2 を過去やっていた。
ジェットで強引に飛ぶ様に感じられる近代機 (実際のところは良く知らない、あくまで個人のイメージです) と違って、レシプロ機はとてもか弱く、そしてそれがいい。
最初はXBOXコントローラで遊んでいたけれど、次第に我慢できなくなり結局ジョイスティックを購入してしまった。

購入したのはお値段が手頃だったので「THRUSTMASTER T-Flight Stick X」。
届いたものを触ってみたら軋みが気になったので、駆動部にシリコンスプレーをかけたら滑りも良くなり、かなり操舵し易くなった。それでも以前触っていたMicrosoft Sidewinder Force Feedback 2の滑らかさまではいかないけれど。(このジョイスティックはボタンこそ少ないもののGの強さを操縦桿から感じられてとても良かった)

思わずジョイスティックを購入してしまう位にWarThunderは良かった、面白かったというお話。
CFS2の時はマルチで遊びづらかったからなー。気軽にレシプロ空戦マルチが出来る&思ったよりもシミュレータしっかりしてるWarThunderは非常に良いです。
ジョイスティックでリアリスティックorシミュレータバトルを飛ぶと「ああ、今戦闘機操ってるなぁ」という感覚全開で本当に楽しい。正直マウスaimモードに比べると狙って当てるのはとても難しい。でも機体を制御しGを制しながら (何も考えず安易に高空からのヒット&ウェイをすると加速しすぎて空中分解する) 射撃を当てると、そして撃墜するとむちゃくちゃドーパミン出るね。
良いね素晴らしいね。皆やろう。

お絵描き

前回描き途中のものを仕上げた。
「んん?」という顔から変更したり色味の調整をしたり体裁整えたりとかそういう細かいところ。

Abigail / Stardew Valley 4

造形は置いておいて色塗り自体はそれなりに思った通りに出来た気がする。
いつも「眼」とその周辺…まつ毛との表現とかそういうところで迷ってたんだけれど、大体こういう描き方になるのかなぁ、とそれなりに納得できる様になった。
描いていて、パーツの描き分けが全然できてないなぁ、と感じたのでその辺りも今後考えなきゃなー。

あわせて読みたい

コメントを残す