11月3週目

11月3週目

週半ばから週末にかけて、やたら眠り込んでしまった。
とは言え普段睡眠時間が少ないだけで、標準的と言えば標準的な睡眠時間なのであった。(週平均すれば)

お絵描き時間 (11月14日~11月20日) 0:00:00

EVE Online

11/15に大型アップデートが入り、また同時にF2P化されたEVE Online。2003年サービスイン、未だにアップデートもあり、2016年で見ても(平均31,000アカウントの同時接続)[http://eve-offline.net/?server=tranquility]のあるMMOってなかなか凄い。
でもって、そのタイミングに併せて日本コミュニティで大きいイベントが開催された。
サタデーナイト・フリーロームと銘打たれたイベントで、EVEを象徴するTitan (艦種。日本語表記の正式名称は “旗艦級戦艦”) を日本語表記正式名称通りに旗艦とし、大規模な艦隊を組んで遊ぼう!というもの。
100人を超えて集まり、無料で手に入る最弱のコルベット (ルーキーシップ、Noob Ship) で戦艦を落としたりとかなり楽しく派手なイベントになったらしい。

他のMMOの様にサーバが複数に分かれている訳ではなく (中国は法的理由か何かで別) 1つのサーバに世界中のプレイヤーが接続する形なので英語が主で使われている事や、『MMORPG』と言って一般的に連想される様なゲームプレイとかなりフィーリングが異なる事から (多分シミュレーションゲームや、それの祖となるボードゲームに近い)、日本人プレイヤーは多分かなり少ない。
なので今回のF2P化で開始したプレイヤーも、そのままゲームに定着するかと言えば、どうかなぁ、と思ったりするところもある。
でもこういうイベントで人との関わりが出来たり、そういうのを含めた『EVE Online』っていう仮想世界的な何かを面白いと感じたりする事が出来れば、定着率も上がるのかな。

個人的に一番大きいのは、半分放っておく様に遊ぶ事も、集中してアクティブに遊ぶ事も出来て、そしてそれはちゃんと繋がってるのが良いんだよなぁ。(具体的にはバックグラウンドで採掘による金策《半分放置》、「今日はやるか!」という時はその間に貯まったお金があるのであまり値段を気にせず船体構成を決めてガンガン出来る《集中してアクティブ》) 少なくとも『艦これ』やるよりゲームをやってる感があって面白い。

とつくにの少女

絵本ぽい絵柄が何とも味わい深い、薄暗い感じのファンタジー漫画『とつくにの少女』の最新刊 (2巻) が出ていたので購入。
この巻で先生のバックグラウンドが少し明かされたり、「とつくにの怪物って何者なの?」という疑問点に触れてみたりしていたけれど、とつくにの怪物の描かれ方が「黒い影」の様になっている事もあって何となくICOを連想した。
そう言えば発表があってから何年?『人喰いの大鷲トリコ』がようやくリリースされるとかされないとか。しかし結局リリースされるハードはPS4だとか。ううん…流石に本体ごと購入するのは…当面見合わせだなぁ。

あわせて読みたい

コメントを残す