「周回の聖地」って言い回しにグッときた。

2月末頃からドールズフロントラインを始めてみた。
この手のゲームをやるのは艦これ以来2つ目。
「絵を描く時のモチベーションに…」というとそれは綺麗なジャイアン。
実際は「ファンアート描く事で地力上げられないか、あわよくば人の目に触れる機会を増やせないか」みたいな下心が8割を占めています。

コルトSAA / ドールズフロントライン
「後で描こう」と思っていたホルスターとタイツは描き忘れたまま。

艦これと比べると采配が必要となる場面が程よくあってなかなか楽しい。
羅針盤の運任せだったマップ攻略は自分でルート選択が必要となっており、またSランククリアの為に少し頭を使う必要がある。
戦闘時もただ見ているだけではなく、スキルを使うタイミングを選べたり(自動発動もあり)、ダメージの多いキャラを後ろに下げる事で部隊の継戦能力を高めたりも出来る。

上記の様な操作をやらずとも進める事が出来る程度のバランスなのも良い。
攻略を急ぎたければ (特にボス戦時等に) そういった操作をする事で、放置だと若干辛い強さの敵を撃破出来たりする。
スマホソシャゲ系のゲームとして進行に干渉出来る内容が丁度良い。

そんな訳で地味にハマッてちまちま遊んでるんだけれど、レベリングの為に繰り返しプレイするおすすめマップがいくつかあって、その中でも特に効率良いマップが「周回の聖地」と呼ばれているのを知り、その言い回しがツボにハマッた。
お遍路さんとかお百度参りみたいでなんか良いぞ。

あわせて読みたい

コメントを残す