2014-07-30

小型の水槽をセットアップ
足りないものを買いに出て、戻ってきてからのんびり準備
してた時に古い汚い水槽をちょっと見たら、なんか魚がぐったりしている気配
よく見ると、エアポンプの先端が詰まってて、空気が出てない
酸欠だ完全に
やばいやばい、慌ててエアポンプの先端をはさみで切って、泡を出す
なんとか息を吹き返した

余裕なくなったので、急いで水槽のセットアップをした方が良さそうだ
よく考えたら、水槽の設置なんて初めてだったし勝手はわからないが、調べつつやるしかない
とりあえず砂をしいた水槽に水を入れて、濁りがとれた段階で調整剤とバクテリア液を投下
しばらく置いて、エアポンプを移動させて設置しつつ、買ってきた水草とイシマキガイを追加
またしばらくおいて、ようやく救出予定だった熱帯魚2匹を救出して放流

数日経つが、どうやら今のところは大丈夫らしい
あと、とっくの昔に世話を放棄した人間の話はいっさい聞かないことにした
が、水槽が新しく、綺麗になった途端にまた口を出してくるので困る……まあいいか

水槽のセットアップをして数日、なんとなくライトが弱い気がする(まあ、そういう構成だったし)
こうなると、景観のことだけ考えると、この小さい水槽では一部を人工水草にした方が良いのだろうかと思ったり
魚や貝なんかがかじらなければ、アリなんじゃないか
とりあえず、今植えてる水草が枯れたりしたら、その辺は考えよう
あとライトが弱いと水槽で苔が繁殖しにくいそうだが、このままだとイシマキガイが餓死してしまう……ちょっとこの辺も検討の余地がある

そんなことより、救出した熱帯魚の餌の食い付きがあまりよくないのが気になる
1日に2回ほど少しだけあげてたのを、1度に減らして様子見
水底の餌を掃除してくれる、エビがやっぱり欲しい

いろいろ、試行錯誤の連続が続いている水槽日々

あわせて読みたい