2014-06-30

ちょっと昼夜逆転が深刻になりつつあるので、ここらへんで切り替えたいと思い始める
外出する用事があれば、無理やり起きてリセットかけられるんだけど
というか自堕落で怠惰な生活を送っている自分が悪いんだが
あまり深く考えても良くないので、悩まずにいよう

何か新しいキャラクター像を作りたいと時々思うんだが、そうそう簡単には思いつかない
あと自分はどちらかというと、保守的なタイプで革新的なキャラクターとは無縁で
創作とかお話を作るときの楽しみの1つに「自分が絶対になれないモノになれる」というのがある
新しいキャラクターを生み出したい欲求とそれが合致したときには、爆発的なエネルギーを手の中に感じるのかもしれない
キーボードを叩いている指の速度がもどかしく、あるいは無意識に近づいていく、不思議な感覚が宿いはじめ、ふとした拍子にありえない誤字を変換候補に見せつけられ、興ざめする
小説とかを書いていると、これが繰り返される
マラソンをしている時に、100歩ごとに足がもつれるような感じだ
結構なストレスかも知れないが、のめり込んで書いていると、脳の中で何か不味い物質が分泌されているのか、そんなに気にならない時もある

ああ、早く書き出さないと
いつもそうだが、最初の1ページを書くまでがちょっとした壁になっていて、書きだすのが少し怖い

あわせて読みたい