140617

今日は特に用事はないので事務所で図面をひたすら描く日だった。出かける用事がある日のほうが割合的に少ないので別に珍しい話ではない。

どうも自分は仕事が遅いような気がする。会社の先輩にケツを叩かれるのでなんとか追い上げてやろうとしているのだがなかなか思い通りに仕事が進んでくれない。本当はわからないところをもっと人に聞きまくれば進められるのだが渋い顔をしながら自分の仕事に勤しんでいる先輩たちを見ると聞きに行くタイミングも教えて貰う時間量も考えさせられる。質問をもっとしたいのだが不機嫌になる瞬間もわかるしな・・・それを覚悟しつつもゴリ推していくべきなのだろうか。

そういえば仕事辞めたい力が辞めたいじゃなくてどうやって辞めるかに切り替わっている気がする。我慢や苦労は納得できるものと納得できないタイプがあって、今の会社に勤めていることはどうも後者の気がしてならない。

じゃあ何なら納得できるのかと考えると、どうも自分は文化発信の仕事をやりたがっているんだと思う。というか作家をやっていきたい。自分でお話考えてつくり上げるのに四苦八苦するのならもっと腹の底から頑張れるような気がしてならない。

まぁそんなこと言っても自分の年令もあるし今までそんなことやったことないから現実的な話ではないのだしタタール人の砂漠みたいなものかと思いたいのだが、どんどん我慢できなくなってきている気がする。30を前に一度踏み切ってやっておくべきなのかと思い始めて俺がヤバい。

あわせて読みたい