2014-03-18

 今日は早めに仕事を終えられた。今日は早く帰ろう、平日に家族揃って晩御飯とか久々だなー等と思っていたら、運悪く来客が入ってしまい帰るタイミングを逃す。あちゃ。そして来客対応を終えた後は、Web修正の依頼が入り更に帰るタイミングを逃す。ぷぎゃ。
 しかもWeb修正の方は、緊急だと言うのでその為の準備を進めていたら、結局キャンセルになるというおまけ付き。
 ユキチさん、おこです。激おこです。カム着火ファイヤーです。

 そもそも今回のお客さんの場合、前々担当者さんとお付き合いがあり、その信頼関係の元、格安で仕事を受けていた先なんだよね。双方無理のない納期を設定し、まれにある緊急対応時は緊急だからと見積交渉等せず、こちらのやりやすい様に任せてくれていたので安く出来ていたという面もある。
 前々担当者さんが退職後し、殆ど関わる間もなく辞めてしまった前担当者さんをはさみ現担当者へと繋がるんだけれど、この人からの依頼は常に納期が近々で、かつ、突然納期や修正内容の変更をかけてくる事が多い。また、こちらに当日中の依頼を流しつつ、最終確認を取る前に帰宅してしまう等、信頼関係の構築の面でもちょっとどうかな、という事が多い。

 まぁ良くある話と言えば良くある話なので、基本的には「仕方ないなぁ」と対応するよ。
 ただし、正規の料金を支払ってくれるならね。

 という訳で、この担当者さんとは以前、「こういう背景で今迄安くやっていましたが、その前提が崩れるのであるなら、当然安くは出来ませんよ」という旨伝えて話し合いをした事がありました。
 その結果、「料金が高くなるのは困るので、今迄通りのやり方でお願いします」という結論を貰ったんだよね。
 ちなみにその際、極端な納期での対応や、営業時間外の対応時は、その分の割増料金を頂く旨も伝えてあったんだ。

 そういう流れがありつつ今回のご依頼です。
 まず対応依頼がきたのは18時30分、見積も欲しい、との事。
 見積作成の為、30分後に折り返す旨伝え、時間より若干早く見積メールを送信。
 電話をかけたところ…10コール位で「弊社の受付時間は18時で終了です」のメッセージ。
 あれー?

 困ったなーと思いつつ、取り敢えず対応出来るように修正用の差分データを作成しつつ連絡待ち。
 結果冒頭のキャンセルメールである。
 キャンセル理由は、「今回の納期は24日で良いという事」。
 また、「追加の修正箇所が出たので木曜日に再度依頼をする、それも併せて24日納期で大丈夫?」との問い合わせ。
 更に、そのメールには「お電話がつながらなかったのでメールで…」と書いてあり、んんん?と思い電話を確認してみたら一応着信履歴がある。
 しかし電話は鳴っていない、もしくは気づかないレベルでしか鳴っていない、動作確認をしたところ壊れてもいない…これはワン切り電話かなぁ。

 流石にこの一連の出来事は、人を馬鹿にしているなぁ、と思ったんですね。

 「できれば当日対応で」が「24日納期」に変わるのは、追加修正の影響よりも割増料金を嫌っての事でしょう。
 けれど、極端な納期、時間外対応の場合はそれに応じた割増料金が発生する事は事前に伝えてある。
 だから、今回の案件はどう考えても両方に該当する事は事前に分かっていたはず。
 分かって時間外に出した緊急依頼に、時間外対応+緊急対応の割増料金が上乗せされたからキャンセル、って何だそれ。

 次に、緊急性のものだと言いながら、こちらからの連絡は繋がらない状況にあった事。
 代替連絡先を伝えるか、ナンバーディスプレイであればこちらかの電話なのは分かるので、応答メッセージに切り替わる前に取るべきでしょう。
 更にキャンセルの電話はバツが悪かったのかワン切りで着信履歴だけを残しメールで送ってきた事。
 普通の取引先、案件ならそういう人もいるよね、で済ますけれど (いや、それでも良くないと思うけれどね、普通は)
、前々担当者との信頼関係や、無理のない納期、そういった前提の元、格安でやっている案件だし、その事についての話し合いもしているんだよなぁ。

 申し訳ないけれどこの担当者さんとは信頼関係を築けそうもないし、前回の話し合いの内容から考えると、本来の料金を支払ってもらう事もできなさそうだなぁ。
 なので、追加修正内容はどういったものか全く不明なので24日納期は確約出来ない、今後はもっとサービスの手厚い他社さんにお願いして下さい、という返信を送りおしまい。

 余談だけれど、格安料金なので割増料金加味した今回の見積額は5000円にも満たない様な金額で、その事もこのがっかり具合に拍車をかけるんだ…。

あわせて読みたい