140313

今日は水泳(2回目)に行ってきた。とりあえず500mぐらい泳げばいいやなと思うも、帰りのバスの時間的問題により450mで切り上げ。なのにプール上がってから更衣室で息を切らせながらグロッキー状態に。やはり1,2回程度じゃ体力に変化なんてほとんど起こらないんやな・・・。

しかも家を出た時は小雨だったのを「小雨ならそのうち止むだろう」と思ったのが間違いだった。プールを上がったら普通に雨降になっている。その上結局バスを乗り逃して雨風に晒されながら次のバスを待つことに。プール帰りだし気温も結構低いしで風邪を引かないか心配である。

なんとか家に帰り着いた後はもうその日何もしたくなくなっていた。水泳の体力消耗度はかなり激しく、全身に重りをつけたように重いのと慢性的な眠気が俺を襲う。恐らく今大地震が起きたとしても避難にあまりやる気出ないであろう気だるさ。まぁこれだけ消耗激しいなら第一目的の体力増進には効果的なんだろう、多分。

そしてようやく体重に変化が出始める。乳と腹が少し引込み普段の服が少し楽に着れるようになり、数字も1kgほど減って80を切った。キャベツを食らって食事量を減らしつつ運動を行ったおかげのようだ。冬も明けてこれから服装も薄着になっていくので問題なくTシャツ一枚で外に出れるぐらいになれたらいいなと思う(押し出された乳首がTシャツ越しでも立ってたりするので)。

そしてユキチさんの日記を読んで蛙が身近にいるのが少しうらやましくなる。蛙は割と好きな方でもし出会うことがあれば手に乗せて遊んだりしたいのだが、うちの周りではセミとゴキブリ、あとはヤモリぐらいしか見たことがない。特にゴキブリは声もあげずに逃げるほど苦手なので自宅周辺からはご遠慮願いたいものだ。

うちの周りは春の予感を感じさせる風流なものがあまりない。強いて言えば窓を開けてると虫が入ってくるぐらいなのでもっと蛙とか野良猫が集まるようになるとか可愛げのあるものが欲しいものだ。

あわせて読みたい