ひとりのじかん。

さて最近は。
大体相変わらずな感じで、一人のんびりと何か作って遊んだりしている。
暫くこんな風に (精神的に) 篭って作業していなかったから新鮮な気分で作業に向かえてなかなか楽しい。

昔から、本腰を入れて何か始めるとどうしても「一人」で集中してしまう。
「○○合宿」みたいに、皆でだべりながら何かやろう!みたいなのが苦手なんだよね。
ただ人との関わりで閃き、発想が湧き上がる事も多い。
つまり人と一緒に何か出来る人は、インプット・アウトプットを同時にやっている様なものな訳でしょう。
インプットとアウトプットに間仕切り置かないとどちらもおぼつかないシングルタスクは効率が悪いね。

まぁでもそれはそれとして、一人で集中する、楽しめる時間があるのは良い事だろう。
流石に社会人となり結婚して子供も出来て、そういった時間は年々取りづらくはなっているけれど、出来るだけ効率良く無駄を減らして大事に使いたいものだ。

あわせて読みたい

コメントを残す