2014-11-14

携帯コンロと鍋のセットを買ったので、山登りに行く前に実際ちゃんと使えるのか試してきた
場所は近所の大池公園(保土ヶ谷CCの近く)
近所といいつつ、徒歩3kmあるけどね
歩く、ひったすら歩く
舗装路だから、そんなにストレスないのでなんとかなると楽観
1時間ほどで到着
歩いている時、退屈だったので音楽を再生
イヤホン忘れたので、スピーカーで垂れ流し
たまにいるよな、お年寄りでラジオつけながら歩いている人
あんな感じ

 

 

とりあえず、公園にたどり着いて案内図を見る
旭区で一番というだけあって広そう
何しろピクニック広場やらバーベキュー場から、小動物と触れ合えるミニチュア動物園みたいなのもある
あとは池というか、でっかい水たまりがある
なんか小学生が釣り竿か何か垂らしてるけど、ブルーギルでもいるのかな
食べられない(糞不味い)魚に興味ないので知らん
相変わらず左肩にぐいぐい食い込む、ワンショルダーのバックパックを揺らしてまた歩く
サイドのペットボトルポケットに突っ込んだ、2本の500mlペットボトルが重いのなんの
しかも歩いている時にすげえ取り出しにくい位置にある
自分、肩硬いんで無理なんざんす

人も少ないし、適当なテーブルとと椅子の設置された場所を探す
お、なんか開けた場所に出た
ってここピクニック広場じゃねえか
なんか遠足の幼稚園の団体さんとかいるし
若いご夫婦で、小さなワンコ連れたご家族や、なんか和やかなオバちゃんのグループ
平日でこれだと、週末は自分なんか来ちゃダメそうだな
だって、俺、不審者だもの
わーきゃー騒ぐ声から遠ざかるべきか考えたけど
ここまで移動で結構疲れてたし、お腹も空いてたのと正直面倒くさくなったので
気にしないことにした
とりあえず、テーブルの表面を確かめる
おk、虫とかいないし汚くもなさそう

ハンカチ広げたり、今回の主役である鍋セットを出したり
使ったのはこれ
多分、個人用の携帯調理器具では一番安いほう
585mlとか書いてあるけど、そんなに入るようには見えない
というか切り良く500mlで良いじゃねえか
オンス?
そんなアメリカ人しか使わない単位なんかどうでもええねん

あとは以前箱根で酷使した、ススで真っ黒に変色したコンロ用の風よけを設置
なんでも良いから風よけは必要って、前から聞いてたしね
どうせ酷使するものなんだから、ピカピカのステンレス板よりこれがいい
あと黒いから目立たない

次はコンロに100円ショップで買ってきた固形燃料を突っ込んで、お湯を沸かす
本日のお弁当はカップヌードル(シーフード)
だけだと、炭水化物が足りないので冷ご飯(残り汁で雑炊にするんだ)
火をつけて待つ
ひたすら待つ
結構、火が大きいんだなと最初は驚いたけど
全然お湯沸かない
おいおい、秋晴れで風もほとんどないんですが
なんなんですかね、これ
怒って自分がヤカンになっても仕方ないので、諦めて待つ
やっぱり、沸騰する気配がない
なんだこいつやる気ないな
で、痺れを切らしてお湯をカップヌードルに
iPhoneでタイマーをセット
iPhoneてほんと便利だな
3分経って、さて楽しいランチタイム
と思ったが、やっぱり沸騰してないお湯で作ったので、麺が生煮えな感じ
あと固くてぼそぼそしている……こりゃ失敗だったかな
固い麺って喉詰まるから嫌なんだよなあ
そしてこの時嫌な予感がする
あ、このスープの中に冷ご飯入れたら、冷めた雑炊になっちゃう……絶対不味い、不味いよこれ
と思ったけど、鍋の中に汁とご飯を放り込んでもう一度火をつけたら済む話
というわけで、煮込んだ
煮込んでいる間に本を読み始めたけど、気がついたらボコボコ煮えくり返ってた
なんだ、やれば出来るじゃないか
どうも、さっきのは短すぎたんだな

というわけで雑炊はこんどこそ美味しくいただきました
その後、今度はお茶を入れようとするんだけど
気づく
鍋がひとつで、それを使ってご飯食べたということに
まあティッシュで拭いたから、汚くはないけど……ちょっと不便
あれだな、お湯をいっぱい沸かせとけるような、鍋セット(大)が必要というか欲しいなこうなると
しかし、それだと荷物が増えてしまうし
でもこういう、不便さを工夫とかでやりくりするのがアウトドアの楽しみなんだ、きっと
不便であることは変わらないけど

現状、最小限の解決策は
魔法瓶の水筒を持っていくのが、きっと最短コース
最初にぐらぐらお湯を沸かして、魔法瓶に入れといて後で使うの
あとは、適当な大きさの小さい焼き網を買って、それをコンロの上に敷いて、お茶のカップを使うとか
持っててよかった、ステンレスのマグカップ
でも、これ火にかけたことないけど、熱くて持てなくなったりしないか心配

しかしアレだ
外で沸かしたてのお湯を使って飲むお茶は美味しい

『岳』って漫画があったじゃない
山の上で飲むコーヒーは美味しいみたいな場面がいくつもあったけど、多分、アレ本当

俺も山の上でビスケットつまみながらインスタントコーヒー飲んでみたい
と思って、後日、山の上じゃないけど近所の公園(今度はほんとに近所)で、お茶飲んできた
ちょっとした森と遊歩道の整備された、なんにもない公園だけど、なかなか落ち着くスポット
フリースのひざ掛けをベンチに敷いて座ると、これがなかなか快適
文庫本片手に、紅茶を入れたりアルフォートをつまみ食いしている間に、お湯がボコボコしてきた
鍋にティーバッグを放り込んで、蓋をしてしばらく蒸らすと、美味しい紅茶の出来上がり

2回のテスト運用でわかったけど、お湯沸かすコツは焦らず待つ、これだね
あと、100円ショップで売ってる固形燃料は、燃焼時間が10分少々とちょっと短い
お湯沸かすのには充分なんだけど、燃焼時間の割に嵩張るのがちょっと……

まあ、便利に火を使いたかったら、ちゃんとしたストーブを買わなきゃいけないんだよな
現代人の火と刃物の扱いは、原始人以下

あわせて読みたい

コメントを残す