慣れ。

お絵描きの話。
PCで絵を描く練習を始めた当初、「紙とペンとは違うデバイスを使うのだから “慣れ” こそが重要だ!」と思い、タブレットにしろペイントソフトにしろデフォルトの設定でずっと使っていた。
多分1年位かな?そうしていたんだけれど、ちょっと行き詰まった事があり。
そんな時、Twitterでゲームコントローラーを自分好みにカスタマイズする話題を見て、「そういうのもありかもしれない!」と手のひらを返し設定を変えてみたんだよね。

具体的に何をしたかというと、まずタブレット本体にケント紙を貼る。
次にペンデバイスの芯を自作竹ひごに変更する。

描き味が変わって気分が変わった、新鮮味を感じたという事が理由かもしれないけれど、この変更がよく馴染み、何となく感じていた行き詰まりからするっと脱出して、また楽しく気持ちよく絵を描いて遊べる様になったりした。

で、また最近ちょっと行き詰まりを感じ、「そういやもうだいぶ使い込んで表面ボロボロになってきたし…」とケント紙を張り替える事に。
元々タブレットに貼ってあったプラスチックシートの上にケント紙を糊付けしてあったので、まずはプラスチックシートを剥がす。これは問題なし。
次に剥がしたプラスチックシートからケント紙を剥がす。これが大問題。
ケント紙を貼ってから2年、もう完全にプラスチックシートと同化してしまっていて、お湯かけても溶剤かけてもなかなか糊が剥がれない…。
最終的に一晩水につけふやかしたところを、ブラシで必至にこすり落とす事である程度迄は綺麗になったものの、やっぱりどうしてもベタつきが解消されない。
こういう自体を想定して本体に直接張らなかったんだけれど、想定よりも断然剥がしづらくて吃驚。
こそげ落とした糊はブラシに絡みついて凄い事に。
半乾きのガムみたいになっていたよ。

仕方がないので今回はケント紙、タブレット本体に弱めの両面テープで軽く止めるに留めました。
描き味は回復しまた気分よく使えるようになったものの、次交換する時巧く剥がせるかなぁ…と若干心配。

あわせて読みたい

コメントを残す