2014-11-19

星に願いを

しし座流星群を見たいと思って、装備担いで深夜の大池公園へ
流れ星に「野生のチョロイン(見た目はアニメのlainの岩倉玲音、声はもちろん清水香里で、ただし性格は星界の戦旗のエクリュア)が目の前に降ってきますように」っていう健全な願い事をするために
ラフィール殿下はジント閣下に譲るよ、譲るからエクリュアは下さい
お願いしますお願いします、何でもしますから

ん……?

21時にとりあえず大池公園へ到着
なんか曇っててイマイチな天気だけど、これから晴れるから……きっと晴れるから
人がたくさんいたら、場所取り面倒かなと思っけど、大丈夫
誰 も い ね え
うわこれ、完全に折れ不審者じゃん

そして、町中の灯りを避けるためにここまで来たのに、なんかすげえ明るいんですけど
外灯が超煌々と輝いてるんですけど、星が見えないんですが
とりあえず明かりから逃げるように、暗がりを探して歩き始める
あれこれ不審者の行動原理じゃね……? まあいいか

しばらく歩いて、いつものピクニック広場まで来てしまう
おお、ここなら外灯がなくていい感じに暗い
斜面の下の外灯がちょっと眩しいけど、ちょうど流星群を見る方向とは反対だ
よしよし、これはいい場所だ

とりあえずバックパックから、フリースのひざ掛けを出してベンチに敷き、そこで寝そべる
そんなに寒くない気がしたので、しばらくそのまま空を眺める
雲がたまにきれるけど、相変わらず星はよく見えない
相変わらずノープランの見切り発車感が凄い
30分ほど寝そべってたら、ちょっと寒さを感じたので、お茶を入れるために起きる

うわ……!?
うわぁあああああっ!

背中のあたり、結露しまくってんじゃねえか!?
やばいよやばいよ
ダウンの上着が、じっとり湿ってる
ダウンは濡れると保温力が一気に落ちるんだ、これは不味い
応急処置で、上着を脱いで背中に貼るカイロをペタペタ
その上で、ひざ掛けにくるまる
やっぱダウンのアウターに防水の上着が必要なのか
とりあえず急いでお湯を沸かして紅茶を淹れて、体温を維持する

バタバタしているうちに晴れた
時刻は22時半を回った頃だと思う

じんわり空が明るいけど、星はけっこうよく見える
カシオペア座とこぐま座、それと反対側を振り返るとオリオン……くらいしかわからないんだけど
で、肝心のしし座流星群は

やっぱり見えない

なんなんだ、やっぱり願い事が良くなかったのか?
98年放送のアニメなんか、もう誰も覚えてないから駄目なのか
それともアーヴの怒りに触れたのか、やめて下さい、業火に焼かれるのは勘弁です
正直、寒くなってきたのでちょっとした火なら欲しいところだったんだけど、焚き火は駄目だからな絶対

その後、0時を回る頃まで粘ったんだけど
お茶もなくなったし、お菓子も食べてしまったしで、結局撤退を決める
くっそ情けない天体観測は、これにて終了
とぼとぼ、1時間ほど歩いて帰宅
多分、時間が早かったんだろうなあ
未明まで粘りたかったけど、全然駄目だった

なんて思いながら、帰宅
やべえ布団やべえ
なにこれ温かすぎる
電気毛布とかもうこれ聖遺物なんかメじゃない
もう流星とかどうでも良い
野生のチョロイン? 知らね
布団最高

しかしアレだ、町中の公園とはいえ、この時期の野営には明らかに装備不足
若さでなんとでもなる歳でもないしのう

あわせて読みたい

コメントを残す