2014-01-26

 前日の土曜日に引き続き家族でお出かけ。昨日は電車で回ったので、今日は車で出掛ける事に。嫁が手芸の小物が欲しいという事でイオンに出掛けた。
 イオンに遊具や玩具がたくさん置いてあり、係の人がイベントやったり一緒に遊んでくれるキッズコーナーがあるんだけれど、丁度その半額券の期限が切れるのと、「お姉さんと遊ぶ!」とYO児のテンションが上がっていたので彼はそこへ。入場ゲートくぐる時に「皆と仲良くするんだよー!」と声を掛けるも全意識が魅惑の園に向いている様で全く聞こえていない。
 この分なら幼稚園なんかも楽しく通えるかなーとちょっと安心しつつも、とーとは複雑な気持ちです。

 フードコートでお茶してから買い物を回る予定だったのだけれど、「他に見たいところ思い出したからちゃちゃっと見てくるね」と嫁もNEW児を連れて雑貨屋へ。
 という訳でせっかくなので一人でのんびりコーヒーを飲む。皆で出掛けて別行動なんて滅多にないのでとても新鮮で不思議な感じ。そう言えば一人で外食、一人でお茶、ってずっとしてないよなぁ。良い気分転換。

 キッズコーナーの利用時間が終わるちょっと前に様子を見に行ったら、YO児は顔を真赤にして遊んでいた。
 そう言えば親が見てない (つもりの) ところで遊ぶYO児を見るのも始めてだ。短い時間しか見てないけれど、取り敢えず他の子にちゃんと「貸して」と「どうぞ」を言って遊べる様子。ちょっと安心

 帰りは30分位のドライブを兼ねて丸亀製麺で晩御飯。
 去年仕事の用事で法務局へ行った帰りに「ここ美味しいよ」と教えてもらい、食べてみたら実際美味しい上にお値段もお手頃。
 昨日ようやく家族連れてこられたんだけれど、嫁がいたく気に入ったらしく「今日も丸亀製麺のうどん食べよう」と。
 確かに美味しいんだけれど、でもまぁただのうどんな訳ですよ。それを敢えて2日連続で食べようと思う位気に入ったっていうのが何か面白い。
 俺も、特にこれと言って特別なものではない、というよりむしろ「所詮」と言えてしまう様なものであっても、ハマるとそればっかりになったりする事が多いしね、小さい共通点を再確認する感じが。いろいろ腑に落ちるというか。

 その後、何だかんだで8時半頃家に着き、子供達の就寝準備と寝かしつけ。
ぴったり10時に寝かしつけも終わり、その後はFSくん、TKKWさんにPTRさんでHAWKENをプレイ。

 HAWKENは完全にマルチのPvP前提のゲームデザインでスタートしたのだけれど、いつの間にかWAVEを凌ぐCOOPモードも追加されていた、という事もあり、雰囲気良いゲームだしやってみようと人に薦めていたりする。
 流石に最初から「そういうゲーム」としてデザインされているKilling Floorなんかに比べると熱中度は下がるけれど、これはこれで独特の協調感があって面白い。というかしっかり協力を意識した立ち回りをしないとかなり難しい。
 HAWKENは自分も相手も「メック」という事もあり、じりじり削り合う様な闘いになるんだよね。まぁ瞬殺される時は瞬殺されるけれど。多対一になったらまず勝てないし、個人の突出で何とかなる要素が低い。
 なので取り敢えず固まって行動する事が大事になるし、回避や修理の為の移動・離脱も頻繁に必要になる。味方と敵の位置を把握しつつ、適当な退避先を巧く探して…と位置取り・立ち回りの重要性がKilling Floorよりも多分数段高くて、だから「協力プレイしてる!」感が強い気がする。よって越せなかったWAVEを越せるようになった時の「皆の成果だ!」って思える達成感良い感じです。
 最終的にCOOPはWAVE 14までで壁に当たり、TDMとDomi系のゲームモードを数回遊びHAWKEN終了。
 その後は漫画の話等でだべりつつ、Starboundのアップデート来てる事に気付きサーバの方をいじったりしつつ。

 そしてふと気づけば嫁子供が起きている。そんな日~月曜日。眠い…。

あわせて読みたい