酸辣湯麺

新年明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

という訳で実家の新年挨拶は終えたので、今度は嫁の実家へ。
と言っても遠方という訳でもなく電車でも車でも約30分の極近場。
毎年結構混んでいて時間掛かるから早めに出たら逆に全然空いていて拍子抜け。
ああでもよく考えたら4日なんだよなぁ、例年2日とかに挨拶行っていたからねぇ。

今年遅めの新年挨拶だったのは、嫁のおばあちゃんが来ていなかったから。
毎年年末年始は金沢に済む義理の祖母がこちらに来ていて、その子供達が嫁の実家に集まりお祝いをしていたんだけれど、今年は外反母趾で入院してしまい来られなかったので小規模に、という事になったのです。
入院まで行くとは侮り難し外反母趾。

途中の大きい魚屋さんでお寿司を買い、義理の父母に嫁の兄弟で新年のお祝い。
今年は新しい顔ぶれとして、嫁の弟の奥さんが来ていた。
彼らは去年入籍したので今年が初なのですね。
親族の集まる場という事でちょっと緊張していた様子。
そういえばもう8年も前になるのか、俺も新年挨拶等で嫁の方の実家に行く時は何となく緊張したなぁ、等とぼんやり思い出す。
今ではそれほど気を遣わなくなりだいぶ気楽になったけれど、まぁ最初はやっぱりね。
法事や何やという集まりの場に出る度に、結婚というのは本人同士のものという訳じゃないよ、という言葉の意味をしみじみ感じたものです。
結婚しない人の考えの内には、こういった事の面倒くささを嫌ってというのもある様だけれど。(経済的な理由なんかが一番大きいのかも知れないが)
でもそういった事も含めて、社会的責任を負う、一人前になる、という事なんだと思うんだけれどね。

お昼の後は皆でのんびり過ごし、夕方18時位までお邪魔した。
帰りは、せっかくこちらの方まで来たのだから、と「揚州商人」というラーメン屋さんを食べて帰った。
酸辣湯麺ひっさびさに食べた、ちょううまかったまる。
黒酢ラーメンもおいしいんですよね揚州商人。
結婚前、嫁を家に送る帰りによく食べたのです。

あわせて読みたい

コメントを残す