2015-01-08

初詣の習慣はないけど、ちょうど良いから行ってきた
投稿の都合で、1/8日付だけど
実際に行ったのは9日
近所の神社じゃなくて、神奈川県は大山の阿夫利神社まで
とりあえず支度をして、朝の9時に家を出る
ちょっと寝坊したため、予定より1時間遅れの行動
午前10時ちょうどに伊勢原駅に
そこから30分ほどバスに揺られて、大山ケーブルカー停留所で下車
仲見世通りを15分ほど登りながら歩いて行くと、バスの乗客はみんな揃ってケーブルカー乗り場へ
徒歩で登る客は自分だけ
地図を見ると、ルートは女坂と男坂のふたつあるようだ
名前的に女坂の方が緩そうだと思ったので、何も考えずそちらへ
15分後
IMG_0041
「……足場悪すぎだろ」
参拝させる気があるのかないのか

別にエスカレーターにしろとか、赤い絨毯を敷き詰めて花びらを蒔けとはいわないけど
登山道ってどこもみんなこうなのか、それともこれでも登り易い方なのか
帰るなら今のうちだと頭のなかで誰かが囁くけどスルー
1時間ほどかかって、ようやく神社の下の茶店にたどり着く
女将さん(こういう時は礼儀正しく「お姉さん」と呼ぶ)に冷たい水をご馳走になる
昼食を勧められたものの、あいにく用意していたので丁重に断る
席を立って、銅雀台のような階段を登って神社の下社へ
山頂までの道のりと無事の下山のために参る
ゴールは90分の道のりだというが、運動不足の人間の足で計ってないだろうから、2時間くらいか
かなりの急勾配がつづき、心拍数が150くらいに跳ね上がる
これで標高が高かったら、とっくに酸欠で死んでる
まあ、高くなくても死にかけているんだがな
喫煙者の心肺機能の低下を侮ってはいけない
本気でナノスーツが欲しくなる
でも駄目だ
あれ着ると体をエイリアン細胞で侵食された挙句に、物も言えず
お使いばかりさせられた挙句、撃たれたり、高いところから落ちたり、散々な目に遭って
最後の最後で、スーツの怨霊みたいなのに体を乗っ取られて、黒人の隊長に転生させられる
着るならやっぱりユニットG、ガイバーだな
でもあれも着ると悲惨な運命を背負わされるから、やっぱアイアンマンのマーク7が良い
デザインが一番好きなのは銀色のマーク2だけど、完成度が最高
マーク42? あれすぐ電池切れるし、スラスター未調整だからいらん
話がえらくずれた
そもそも、登っている時は余裕なんかまったくなくて、こんな余計なことは一切、考えられなかったんだ
無心で登っていると、だんだんと空が近づいてくるように見える
森林限界にはるか及ばない低山なので、相変わらず樹木は鬱蒼としているが、時折視界がクリアになる
そんな時に上を見ると、澄んだ青空が覗く
そしてガイドマップで紹介されていた、富士山の見える場所へ
IMG_0053
「おお」

雄大な光景が広がっていた
もっと早い時間に来ていれば、素晴らしい景色を楽しめたのだろうか
そこから山頂までは30分少々
立派な鳥居に、寂れた神社
時刻は14時に近かったが、ここでようやく昼食だ
IMG_0064
「サッポロ一番!」

象印の魔法瓶に用意してきたお湯のおかげで、非力な固形燃料でもあっという間にお湯が沸く
唐辛子をふりかけた味噌ラーメンを喫食し、魔法瓶の余ったお湯にティーバッグを突っ込んで一服
お菓子を食べたり、タバコを吹かしていると肌寒さを覚える
15時
下山の時間を考えるとぎりぎりだ
ここで予定外のことが起きる
自分が高所恐怖症だったのを失念していた
登る時は下を見る余裕などなかったから気づかなかったものの、下ってみるとこの急勾配は怖い
IMG_0045
ここはまだ良い方(じゃないと怖くて写真なんか撮れん)

足元が悪いのも、恐怖心に拍車をかける
くわえて、膝の関節にはこすれるような鈍痛が宿っている
初めて体験する種類の痛みだった
骨や筋肉、神経の痛みとは違うので、少し不安になる
が、降りないと帰れないので諦めて降りる
1時間ほどで下山すると、神社の下の茶店に戻ってくることが出来た
帰りはケーブルカーを使おうと、下山中に決めていたので発車時刻を訊くと、20分ほどあるらしい
お茶を勧められたので、お団子と併せて頼んでゆっくり休ませてもらう
5分前に席を立ち、ケーブルカーに乗る
なんと今どき、パスモもスイカも使えない上に、切符を駅員が切る乗り物だった
しかも運賃が470円と、意外な高さで二重に驚く
まあ、登ってきた大変さを考えると、こういうものなのかな
そんなこんなで、初詣を兼ねた初めての1人登山は無事終了
そして、ドロドロになったベイツのブーツの手入れをまだしてなかったのを思い出した
あと筋肉痛が当日の夜から翌日にかけてきたので、まだまだ若い
膝の関節の痛みは1日で治ったからおk

だいたいこんな感じ

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 彼者誰 turunoyume より:

    山の上で食べるサッポロ一番めちゃくちゃ美味そうです!今日の昼飯はカップ麺にしよう!

コメントを残す