2015-01-13

例によってゲームネタ
手軽にドンパチ+グレネードランチャーぽんぽん撃てるのがわかって
なぜか今更、キリングフロアにはまる
93年のソマリア人みたいにわらわらやってくる、ゾンビをどかどか吹き飛ばすのは楽しい
けど、なんか火力がイマイチで、硬い敵には効き目がうすくて撤退が間に合わないと即レイプ
MODの入っているサーバのおかげで、マップは多彩なんだけど、展開がどうしてもマンネリで……
もう飽きた

反比例するように、今度は丁寧な射撃と立ち回りがしたくなり、ARMA3へ回帰
弾が当たらない当たらない
自分的に、ARMAの時は300メートル以下は近距離なんだけど、普通のARじゃ伏せ撃ちしないと駄目駄目
特殊部隊ごっこしたいけど、少人数で突っ込んだら即死確定
AI部下含めて6人で動いているんだけど、たまにホールドファイア命令を無視するAIのせいで
作戦が台無しになっちゃぅことが……射殺したい
サポートモジュールがかなり多彩なので、迫撃砲の火力支援とヘリの近接航空支援が非常にありがたい
一回、航空支援の要請をミスって、頭上に爆弾が降ってきて味方全滅したこともあるけれど
レーザーで敵の目視範囲外から一方的に爆弾や砲弾の雨を降らせるのって、下手なドンパチよりも楽しいよ
あとは反政府軍と共闘するような流れをエディタで作ったりとか
まあ、会話とか無いので、その辺のせっていやらなんやらは、プレイ中に脳内補完するんだけど
こんなふうに
プレイヤー「俺達は米軍特殊部隊だ。あんたらの協力が得られると聞いている」
反政府軍「そんな話は聞いてない、これは我々の戦争だ。余所者の力など要らん」
プレイヤー「目的は一緒だろう? 敵のレドームを破壊したいんじゃないのか?」
反政府軍「……」
プレイヤー「正面に居座ってる戦車をなんとかしてやる、あとはアンタたちの好きにしてくれ」
反政府軍「よかろう」
その後、プレイヤーは支援要請をして戦車を撃破
タイミングを併せて反政府軍が突撃をかまして、プレイヤー側は迂回しながら側面に観測地点を設置
あとは反政府軍の突撃に合わせて、支援要請したり射撃したり、やりたい放題
というような流れを想像しながらプレイする、と
通常の操作+想像力を働かせるスタイルで、なんか2時間くらいのミッションで3倍疲れる

そして、エディタを使っている時間のほうが、ミッションをやってる時間よりも長くなりがち
やっぱりARMAはゲームというよりも、シミュレータ

ミッション自体はシンプルで良いんだよ(script書けない言い訳)
でも、その攻略のルートや方法が一本道だと、ちょっと面白くないというか物足りない
大人数+大火力で、正面から決戦が挑めたり
少人数+支援によって、必要最低限のタスクだけこなせたり
あるいは、その場にあるもので臨機応変というか、別の手を講じたりができると凄く面白そう
ARMA2無印のストーリーモードが、ちょっどそれに近かったかも
ただ、あれは攻略を見ないと選択肢の意味と結果がよくわからないというのが、ちょっと不満

新任の隊長(プレイヤー)は定番として、これもベタだけど常に助言を与えてくれる、古参の軍曹がいるとか、俺はそういうの大好きなんだ
で、その軍曹を通じて、最初は新任の隊長に不審を抱いていた他の隊員たちと仲良くなったりとか、ね
ベタな話なんだけど、ベタは大事な要素だと思うんだよ
それ以上に大事なのは、やっぱりキャラクターなんだけど、この話は長くなりすぎるからやめよう
そういうの踏まえた上で、なんか新兵器とか目新しい要素(あまり世に出てないモノ)とかを混ぜ込んでいってくれると、面白いものが出来る気がする

あわせて読みたい

コメントを残す