毎日毎日minecraftをやっていると自分も炭鉱夫をやってみたい気になってくる。

ツルハシ片手に石炭や鉄といったありふれた鉱石を処理しつつダイヤ鉱脈や金鉱脈といった価値の高い鉱石群を掘り当てると脳から快楽物質が分泌されていくのが実感できる。

とはいえ現実における炭鉱夫なんて最低辺の位で最低の職場環境というのがザラなのだが。実際に炭鉱夫などやれば粉塵で早々に肺をやられて寝こむのが関の山だろう。

しかしこの自分の手で価値のある物質を手に入れて処理する感覚というのはやはり好きだ。この感覚を味わえる職というものは炭鉱夫以外だとどんなものが味わえるのだろうかと考える。

そうなると第一次産業群で考えるのが妥当かと思うが、作物の育成とはまた違うと思うので農林業では無い気がする。

鉱山が全て閉鎖された日本においてはせいぜい化学分野における変化・抽出を取り扱う分野だろうか。

理系じゃないどころか理科の成績が平均以下だったのを思い出して心が折れたところで布団に入ろう。

あわせて読みたい