お熱いパイを召し上がれ。

最近Raspberry Pi 2が自分の中で熱い。
これは何かと申しますと、名刺サイズの基盤のみで動作するパソコンです。
まぁパソコンというとちょっと語弊があるけれど。

見た目としてはこんなの (通販サイト) で、取り敢えずLinuxが動く、これ用のWindows10も動く予定

まぁ大体パソコンです。
一応学習用のコンピュータだったり、機器に組み込み制御装置として使う、そういう用途が想定されてるものなんだけれどね。
以前迄のモデルはパソコンとして使うには非力過ぎるスペックだったんだけれど、2になってからはメモリも増えコア数も増え、お手軽なパソコンやサーバとして使うのに十分なスペックになりつつある。
しかもお値段5000円ですよ。
これを組み込む用のケースや、OSをインストールする為のMicroSD、電源に使うUSBケーブル等揃えても1万円行かない。
そして省電力。(5V2AのUSBケーブル給電で動作するんだZE)
これは自宅のサーバをこれにリプレースしたり、ちょっとしたゲームサーバ動かしてみたり、省スペース活かしてオーディオサーバにしてみたり、もうデジタルな夢ひろがりんぐ。

取り敢えず注文していじり倒す事にする。
これ用のタッチパネルまで世の中にはあるんだぜ…。
更にはモバイル端末にする為のキットまで。
今のところサーバリプレース用にしか考えていないけれど、ちょっと思いついた事をいろいろと試せそうで非常に素晴らしいガジェットを見つけて幸せ、という話でした。

あわせて読みたい

コメントを残す