定期的にやりたくなるエディタ変更

むやみやたらにテキストエディタに悩んでしまった。
最近は一時期流行った時にお試し乗換して悪くないなーと思い、以後Sublime Textを使っているんだけれど、たまにふと秀丸エディタが恋しくなるんですね。
それで秀丸エディタと最近併用していたんだけれど、「これは本格的に秀丸に戻ろう!」と思い立った訳ですよ。

ただ結構長い事Sublime Editorを使っていたから半分位Sublimeに目が馴染んでいて、特にカラースキーマが気になる。
じゃあ秀丸にSublimeのカラースキーマ移植しようと思い立つ。
ただ環境が変わった時 (自宅と事務所) に設定項目都度直すの面倒だなぁ、と思う訳です。
(SublimeはDropboxに入れてポータブルアプリ的に使っているので)

秀丸のポータブル化も考えたが (一応公式にそういうツールが出ている)、せっかくだから他のエディタも試そうとあれこれと。
エディタ選定に関して、何かと便利なEmmet使いたいので対応しているものから試して、サクラエディタが意外と普通に良いじゃないフリーだし…となった訳だ。
地味なところだけれど設定ファイル内に書き込まれるパス指定も相対パスOKみたいだし。(秀丸は絶対パスしか有効じゃないみたいで、Dropbox運用の時にいろいろと困る)
で、一通りサクラエディタの設定を終えてHTMLを打とうとしたらだ。

Emmetが微妙に有効じゃないの。
ええー?

タグの展開は出来るんだ。
div>pみたいなの。
でもhtml:5を展開しようとしたら出来ない。
これ系統の展開は全部動かない。

サクラエディタ用のEmmetは、前身のZen-Codingを元にしたユーザースクリプトで、最終更新日も2011年頃。
これはその後のバージョンアップで巧く動作しなくなったパターンか…。

という訳で、結局Sublime Textと秀丸エディタ併用に戻る。
秀丸のポータブル化を試して何とかするのが一番楽なのかなぁ。
何だかんだで秀丸使い易いのよねぇ…。

あわせて読みたい

コメントを残す