2014-08-31

たまにはクソ真面目な銃の話でも
といっても、ここに書かれる妄想の根拠は100%フィクションに基づいてるので
理想のM4
もうM4っていう時点で「あ……」ってなるガンマニアが沢山いそう
でも、ミリポリとか民間含めて沢山出回ってる、便利な小銃はやっぱM4ベースでしょ
M4というか、AR15っていえばもっとハナシは広がるんだけど
まあいいや、とにかくベース銃はM4がとりあえず前提ってことで

ひとくちにM4タイプといっても、今はとにかく色々なのがある
見た目はM4なのに耐久性は泣く子も黙るAK並のチートなHK416とか
でも値段はすんごい高い
高すぎて天下のアメリカ軍が買うのを躊躇うくらい高い
でも予算のまわる特殊部隊は最優先で買えるとか
あと一部の特殊な自衛隊の人たち
他にもSIG516なんてのもある
これは値段そこそこで、ジャムも殆ど無くてとっても良いみたい
でもオバマのお馬鹿が規制かけちゃったもんで、今は買えないのかな
オバマのお馬鹿は他にも馬鹿なことをしてるけど、対ロシア禁輸でAK輸入停止とか
こんな銃アンチの音痴のお馬鹿大統領だけど、ビンラディンをぶっ殺した手柄でノーベル平和賞貰っちゃいました
ほんとは手柄立てたのは海軍の特殊な人たちなのに、可哀想……その後ヘリの事故で全員お陀仏南無阿弥陀仏
誰かが、ビンラディン殺しの詳細が云々で口封じに遭ったっていうのを見たけど、逆じゃないかな
逆というか、隊員の安全を保証するために「事故死」してもらったんじゃと、思ったり
アメリカはハリウッドがあるだけあって、時々、映画みたいなホントのことをやっちゃう国だし(大統領暗殺とか)
話が逸れはじめたので軌道修正
何年か前の、エアガン雑誌で例の海軍の特殊な人達(長いから以下シックスと呼ぼう)の支給火器の写真を見たんだ
銃身の長さの違うM4が二挺(多分12.5インチと16インチ)並んでるんだけど、よく見るとちょっと違う
実は片方はフレイムが分割されており、任務に合わせて1丁の銃を簡単にセットアップできるようにしてあるそうな
野戦や後方から遠距離の的を狙うときには、長い銃身の方が初速が伸びて有利で
屋内では取り回しやすい短い方をきっと使い分けるんだろうと妄想スイッチが入る
こういう感じで、予め用意してある銃を簡単に目的に合わせて組み替えれるのは、凄く便利なんだと思う
あと、(アメリカの)法律では銃の本体はフレームということになってるので、分割した銃身とかのアセンブリーは1丁としてカウントされないというマジック
だから、本当は民間人は持っちゃいけないショートバレルのM4アッパーなんかも、単独なら所持できてしまうのだとか
でも絶対組み合わせちゃ駄目なんだと、絶対に……ATFやFBIだか保安官の人の前では特に
で、ここからは自分の理想の銃の妄想のおハナシ小話
文字だけだとなんなので、初の画像つき日記(そう、これ日記なんだよ……内容が日記じゃないけど)

image

中距離用の長い銃身(16インチ)のアッパーには、当然のようにオフセットダットサイト付きのショートスコープをセット
イメージとしては、50メートルまではオフセットダットサイト(スコープの上のやつ)を使って、200メートルからはスコープを
この砂色カスタムの味噌は、スコープの前にもダットサイトを載せたところ
真昼間だと関係ないけど、うす暗い時間帯、夕方や明け方なんかはダットが生きてくる(はず)

image

上下を入れ替えてみる
今度のはサプレスドショートバレル(11.5インチ)でダークアース色に
屋内戦闘用をイメージしたのに、なんと上の16インチ仕様とほぼ同じ全長(多分1インチくらい短い)
なんか悔しいので、サプレッサーをはずした完成版をついでに貼っとく

image

近距離戦だとスコープはいらない、代わりにライトをダブルにしたけど、フロントヘビーな気がする(片方は多分ストロボ用)
ほんとはほんとは、ダットサイトをもっと前に前に持ってきたかったけど、レーザーサイトが邪魔だったので断念無念

エアガン雑誌にあったシックスの人の支給火器は、こんな感じで二種類のセットアップがあったんだ
ただ、色は砂漠迷彩に統一されていたけど(多分、アフガン仕様なんだろうなあ)
唯一こだわったのは「同じ人が使う」というのを意識して、バーチカルグリップの位置をほぼ同じにした点

なんかやってみたら結構、面白かったので今後もネタに詰まったらピンプマイガンで遊ぼうと思ったのでした
まる。

あわせて読みたい