2015-10-20ーARMA3-アサルトライフルについて

例によってバタバタしてて
ホントなら、この辺で改修したARMA3の自作ミッションの反省会とかしたかったんだけど
まだ未プレイなのであーる

で、ちょっとした待ち時間ができたので、稀に質問がくるARMA3なんかのリアル系なゲームの銃の話をちょろっとおさらいしたい

アサルトライフルについて
西側代表はM4
東側代表は今も昔もAK47……といきたいとこだけど、最近は5.45mmのAK74が幅をきかせているのが実情

アサルトライフルは5メートルから500メートルまで対応できる万能武器、といえば聞こえはいいけど……実際は銃そのものの性能よりも、載せている光学照準器に左右されるという
器用貧乏だけど、癖がなくて扱いやすいから、海兵隊では掃除夫から料理人まで皆これを使う(本当)
分隊長やグレネーダーはこれにM203を付けて使うのがデフォ(だと思う)
AT射手やメディックは他に持ち物が多いので、素のアサルトライフルを持って行こう

ARMA2のOAあたりから、中距離スコープとダットサイトが一体型になって、割り当てたボタンで切り替えができるようになってとても便利に
で、実際にゲームでの運用はというと……ほとんど中距離照準(ACOGとかRCOとか呼ばれるアレ)しか出番がないという
自分の乏しい経験から言わせてもらうと、初弾必中を旨とした場合は、50メートル以上の距離があいたら、もう中距離スコープで覗いたほうが早いと思う
そして、ARMAで50メートルの距離で撃ちあうのはかなり無謀というか、分隊長が仕事してないか……もしくは運悪くの遭遇戦くらいしかないので
やっぱり中距離スコープが一番無難という
高倍率のスコープを使えば、一応800メートルまでは狙えるけど、こんどは殺傷力がネックに
そういうのは中距離オートライフルのDMR先生に任せるのが吉
というわけで、アサルトライフルは500メートル以下の距離で、中距離スコープメインで狙い撃ちましょう
余談だけど、M203とかのグレネードランチャーの射程がおよそ400メートルなので
それを目安に分隊を布陣するのも一般的ではと思う……相手の弾も飛んで来るけど

次回は↑でチョロっと出てきたDMRについて

あわせて読みたい

コメントを残す