2015-10-25ーARMA3-DMRについて

打合せに無事原稿やら資料やらが間に合い、新宿で焼き肉祭り
ちょっと食べたことのない肉をご馳走になる
で、新たなタスクを下賜され、まだしばらく悲鳴を上げることに
大変だなあ(白目)

ARMA3のDMRについて書くと言ってたな
DMRってそもそも何よと言われると、ウィキペディアを見てきてと疲れの溜まったせいか投げやりに答えたくなるけど
アサルトライフルより強力な弾を使う、射程と威力に優れたセミオートのライフルって認識でいいと思う
大抵は汎用のマシンガンと同じ口径の弾を使う(と思う)が
精度とかの関係で、厳密には別の弾だと思う……この辺に細かく触れていくと凄く長くなるのでやっぱりウィキペディアを見てほしい
西側代表はM110、東側代表はSVDがメジャーどころ
M14を改造したM21でブラックホーク・ダウンごっこをしても良いかも
距離によってはスナイパーライフルの代わりにもできるので、勘違いされる不憫なポジション
最近のBFでは、明確にDMRとスナイパーライフルで棲み分けがされているのかな
500メートルとかで、結構交戦距離がある中でM4とかAKとか、普通のアサルトライフルじゃ命中率とか打撃力が微妙な時にDMRがあると心強い
が、かといってデリケートなスナイパーライフルを個別に持っていくのは負担が重い、それにスナイパーライフルは専門の訓練を受けた狙撃兵じゃないと、ちゃんと使えないし
一般的な部隊では、射撃の上手い隊員がDMRのポジションにつくとか
米軍なんかだと、選抜射手の試験に受かるとなれるとか聞いたことがある

で、この手の武器の得意な距離は勿論、300メートルから500メートル以上の遠距離
天気と地形が良ければ、800メートルでも有効打を撃ち込めるかも
逆に300メートル以下になると、一撃は重いけど敵の弾がバシバシ飛んできて危ないので、重たいDMRはちょっと苦手
遠距離は遠距離で、1000メートル超えて狙ってくる専門のスナイパーライフルには勿論かなわない
アサルトライフルより射程が長い代わりに、得意な距離のピントがぐんと絞られてると思っていいと思う
二脚でがっちり固定して、出来るだけ姿勢を低くして伏せ撃ちがメイン
この辺は次回触れる(予定の)、LMG系とほぼ一緒だと思う
射撃の上手い人間が就くポジション、というのもだいたい一緒

オススメは倍率の高めのスコープを載せて、サプレッサーで発砲炎をとにかく抑える
スナイパーほどガチの隠密はしなくてもいいけど、あまり派手に撃ちまくらないのがプロらしくてかっこよい
自分は撃ちまくるのが好きだから、だいたいアサルトライフル(+グレネードランチャー)だけど

人数すくなくて兼任するとしたら、無線手かメディックあたりがいいかも
そうすると必然的に分隊長のそばにいるから、連携がスムーズにいきそうだし
そして人数が少ない時は、弾薬の共通化を図るためにアサルトライフルと同じ弾倉を使える武器がいいと思う
西側だったらMK12か、M16A4のカスタム
東側だったら、AKでRPKとかの長い銃身に付け替えたやつとか、どうだろう ……?

さっきもちょっと話に出たけど、次回はLMG
そこまで行ったら、メイン武器が一通り出揃ったということで、ARMA3でオススメの小さい分隊のお話でもしたいな
個人的オススメ構成は6人の特殊部隊チームと
10人の微妙に少ない普通の歩兵分隊
なんで10人なのかは、ARMAの仕様が絡んでくるので、その時にまた

あわせて読みたい

コメントを残す