2015-10-30ーARMA3-LMGとSAWについて

ああああああおあああ!
おわんねえぇぇえええ!
gacktんと2人で、阿鼻叫喚の図
ハロウィン? なにそれ?
だけどカボチャのパイは食べたいかな

一段落した気がしたら、大規模建築が無慈悲に襲いかかる
城が一日で建つわけ無いだろ! 墨俣一夜城かよ!? 俺は藤吉郎じゃねえんだよ! 

さて、今回はLMGのお話ということで
厳密には、LMG(ライトマシンガン)とAR(オートライフル)と歩兵が使うマシンガンには、二種類あるというのを、まず覚えて欲しい
なんでフルオートライフルっていわないのかって? フルオートだと全自動になっちゃうじゃん
セントリーガンが発明されたら、フルオートガンって呼べそうだけど

そしてARって略すと、アサルトライフルと間違えられるので、SAW(Squad Automatic Weapon)という呼び方が軍隊では一般的
BFとかのゲームだと、意味が無いので分けられてないが、前者は軽機関銃、後者は分隊支援火器と直訳できる
で、その違いはというと……簡単にいうと、前者の方が大口径で強力な弾を使う
後者は小口径、というより、他の歩兵が使うライフルとかカービンと同じ弾を使う

LMGは汎用性が高く、歩兵はもちろんのこと、基地の防衛用の固定機銃から、車両やヘリコプターへの搭載と、幅広く使われる
昔の映画だけど、有名な例としてはフルメタル・ジャケットでのワンシーン
いわゆる「ホント戦争は地獄だぜ」で有名な、ヘリコプターからマシンガンを撃ちまくる場面
ちょっと古い銃だけど、あれもLMG
SAWで有名なのは、多分、米軍のMINIMIと呼ばれるアレ。活躍する映画は、ブラックホーク・ダウン
ネルソンとトゥオンブリーという二人組が、車両に置いてきぼりにされてしまうのだが、トゥオンブリーが使っている、小さいマシンガンがMINIMIである

前置きが物凄く長くなってしまったけど、分隊クラスの少人数編成だと、基本的にはSAWを使うのが原則
理由は、LMGだと弾がみんなと違うので、補給が手間なのと、LMGの弾は物凄く重たい
LMGを運用する場合は、LMGを中核にした専用の分隊を編成して、運用するのが望ましい
分隊の編成について書くと長くなるので、また別の機会に

米軍の基準だと、オートライフルマンが持ち歩く弾薬は、銃に装填したのも含めて800発ほど
少ない(錯乱)
少ないよね(発狂)
大きい箱型弾倉で、MINIMIなら3個、小型で人気の100連発マガジンなら、7個は必要
SAW担当のそばには、大抵アシスタントがいて、その人に弾薬を分担して持ってもらったり、交換用の銃身も持ってもらったりもする
まあ、必ずアシスタントから弾を分けてもらうこと……なんて頭の悪いルールはないので、ARMAに限らず、弾薬なんてあればあるほどいいってことで、荷物に余裕のある人が予備の弾を分担して持つんだと思う
けど、分隊長や無線手、AT担当やメディックは荷物が多いから、それ以外の人が持つのかな
ARMAに関しては、AIの操作が忙しくなりすぎるので、オートライフルマンの人には泣きながらMINIMIの弾倉をバックパックに大量に詰めていってもらう……スマンな

さて、SAWの得意な戦闘距離だけど、イメージ的にはDMRとほぼ一緒と思ってほしい
つまり、中距離から中遠距離がメインとなってくる
具体的には400メートルから600メートルくらい
ちょっと前の、米軍の写真とかでMINIMIの照準が中距離用のスコープがメインだったのは、こういうこと
接近戦はアサルトライフルに任せるため、最初から近距離用のサイトは要らないという判断
そもそもアフガニスタンの、山岳メインの地形を考えると、アサルトライフルにも近距離用の照準がなくていい場合も多いのか、ACOGのみを載せたM4の写真をよく見かけた
場合によっては、800メートルの目標に制圧射撃をするらしいけど、殺傷力が不足するのではという気がする
フルオートで撃つため、反動が凄まじいので、二脚の設置が推奨されるのもDMRとほぼ共通

さっき、制圧射撃という言葉が出たので、そこを補足しよう
コレに関しては距離はあまり関係ない……有効なのは中距離より近い場合、としておく
それと、制圧射撃を行うのはSAWやLMGに限らず、アサルトライフルでも行う
何のためにアサルトライフルに連射機能があるかというと、このため
決して、接近戦で撃ちまくるためじゃないの
おk?
接近戦で撃ちまくる場面も、稀にあるけど、限定的すぎて一般的じゃないので割愛

射撃にはいくつか種類があって、明確な目標を狙って撃つものと、目標のいる付近に弾をばら撒くもの、目標がいると「思われる」ところに射撃するもの
こういう感じで、大抵のFPSで使われるのは、目標を目視してそれを狙うというのだと思う
で、制圧射撃というのは後半の二種類のことをいう
細かくというと違いはあるんだけど、目標が見えているかいないかの違いで対応が異なると覚えてくれれば

見えてる目標なら、制圧射撃を含めた射撃で倒せばそこで終わるけど、目標が見えていない時はどうするか……弾切れまで撃つ? いやいやそれは駄目でしょう
ちょっと撃って様子見、ちょっと撃って様子見……これを繰り返すことになるはず
射撃を終わるかどうかは、分隊長から指示がくると思うので、それに従うこと

さて、そろそろ歩兵用の武器も落ち着いてきたので、次回はAT射手について

あわせて読みたい

コメントを残す