下品な日記の巻

夢を見た

僕は夢を見た!

すさまじくエロい夢を!そしてその夢から覚めてそのままの勢いで手淫をした 土曜日の朝。

ことが終わって そのすさまじくエロい夢をメモろうと思ったら全然覚えてない

僕はどんな夢をみて手淫をしたのだろう すごかった衝撃的な夢 どんなエロも霞んでしまう 衝撃的だった!ってことだけが残った。

お酒を飲んだ日に夢も見ることが多い気がする あと疲れてる時

今度お酒飲んで 疲れている時は マクラの下にエロ本でも忍ばせてみるか!

あーでもそのエロ本の内容に影響されちゃと そのエロレベル並みになってしまう気がする。

もう一度みてーな ただ衝撃的だったことしか覚えてないから また見たとしても衝撃的だ!ってことしか残らないんだろうなー

そんな土曜日。

あわせて読みたい

コメントを残す