140830

今日は仕事が早上がりできたのもあり、久々に布施さんと飲みに行った。

見知った顔と会うのは入社以来初めてで、更にその三ヶ月間も密度の濃いものだったので体感としてかなり多くの時が流れていて、会うと考えただけで懐かしさが滲み出てくる。

久しぶりに見た布施さんはあまり変わっていないように見えたが、最後に会った時より幾分精気がある気がした。原稿を書き始めたと言っていたから恐らくそれ故になのかもしれない。やっぱりこの人に必要なのは執筆活動なのだろうなぁ。

バーの開店時間に入って早く退散するつもりだったが、半分は予想通りでなんだかんだ終電まで話し込んでしまった。

特に俺の方はこの激動の三ヶ月間を過ごした故に、話も聞きたければ話したいこともたくさんあった。とはいってもいざ会って馴染みの店に入って一服し、懐かしい空気を感じた辺りで話そうと思ってたことは大体忘れてしまったのだが。やはりこういう気楽さを持って時間を共有できる間柄というのは、今更友達を作ろうなんて思えない歳になった俺にとって、とてもありがたい。会いたい人は他にも勿論いるが、何かと繋がりを多く持ってきて更に居住地も近いこの人とはこの先も仲良くやっていきたいなぁと思う。

この仕事ばかりの日々で、俺は疲れてたし寂しかったんだなぁと再確認。昔ながらの空気を堪能してささくれだってた心を穏やかに出来た。

今日はよく眠れそうだ。

あわせて読みたい