2016-01-18 カーナビ取付(その壱)

やっとで念願のカーナビを我が家の旧式ノートに取り付ける
ナビの機種はパナソニックのゴリラ、CN-GP755VDという機種

どうしてこの機種を選んだか……の前に、カーナビって色々と種類があるのね
ダッシュボードに綺麗に収める、インダッシュ型のナビから、ダッシュボードの上にポン付けするものと
前者は車を買う時にオプションであるように、かなり高額で当たり前だけど高性能
その代わり、取り付けは色々と大変
ダッシュボード表面のパネル外して、配線を引き回して繋いで、ブラケットをダッシュボードに付けたりと
その手のものはAV機器(テレビとかラジオとか)も兼ねてるので、元々CDやラジオのプレイヤーを設置してたら換装がいるかも
当たり前だけど、つけたらこんどはパネルを元に戻さなければいけない

と、簡単に手順をなんとなく書き連ねてみて思ったけど、結構面倒くさい

スマートホンが老若男女問わず普及した今、スマホを車に取り付ける(取り付けられるようにする)のも珍しくない
今回、自分が買ったゴリラというポータブルナビは、取り付け自体はそうしたスマホをスタンドに固定するのと大差なかった
ただ、ポータブル型にしては割と性能が良いみたいで、一部配線が必要になった
渋滞情報をリアルタイムに受信する「FM-VICS」という機能があり、そのデータを受信するためのアンテナ用の配線がをすることに
配線のほとんどは内装の内側に出来たものの、ダッシュボードの真ん中~ナビ本体はケーブルが露出してしまうことに
まあ、素人工事だし、これくらいはいいか……と
配線が終わったので、近所をちょっと走ってみる
鳥瞰図に設定した地図が見やすくていい感じ、ただ、7インチの液晶サイズで画面分割の機能は逆に見づらい気がしたので普段はオフに
この辺は使う人の好みがあるので、オプションで色々と設定できるのは良いことだと

ポータブル型ということもあって、衛星の測位にはちょっと不安があったけど、家の影になってる場所で8個キャッチ
最低で3個の衛星を掴まえれば自車位置を測定できるので、必要充分ということだろうか……?
ただ、ビルの多い都会に出た時は果たしてどうだろう?

若干の不安を覚えつつ、その弐へ続く

あわせて読みたい

コメントを残す