2016-05-17

正直に告白すると、自分は今までノンアルコールのビールを小馬鹿にしたり、特に理由もなく蔑視していた
理由は単純でたまたま飲んだキリンのノンアルコール・ビールが「不味かった」からなのだが、ある日母親に試飲を薦められて飲んだのが、思いがけず「ビール」の味をしていたので紹介したい

何を思ったのか、ここ数ヶ月ほど母親が晩酌をアサヒ・ドライゼロフリーに乗り換えている
おかげで体重は減り、寝起きは良くなり、飲酒量が激減と、60歳近い老人には良いことづくめ
で、頑としてこの手のものを口にしない父を、心臓病を盾に無理やり飲ませてみることに
「んー、ちょっと薄い? でも飲めるじゃん」おい爺、さっきと言ってること違うじゃねえか
かく言う自分も、実際に飲む前は父と同じく毛嫌いしていたので、人のことはいえない

アサヒビールを凄く見なおしたというお話
あと、先入観(偏見)は人生を損させるという教訓

これもっと世間で認知されたら良いんだけど、そうしたらビール屋さんとしてアサヒは困ったりして

あわせて読みたい

コメントを残す