2016-05-22

小学校の給食の時、楽しみなメニューがひとつあった
麦飯
白米好きな同級生たちは、あんまり喜んでいなかったが、自分はなぜかこれが気に入って
滅多にしなかったお代わりを取りに行ったのを覚えている

で、どういうわけか、最近の我が家の米に麦が混じるようになってきた
ダイエット効果があるとかで、近頃もてはやされている模様
親父の体重を落とすために、お試しで炊いてみたそうな

これ

匂いは、子供の頃の教室の入り口で嗅いだ、麦飯そのもので、なんかテンション上がる
食べてみると、あの米とは違う少し弾力のある食感とともに、麦の風味が広がっていく
少し違和感、子供の時に食べてた給食の麦飯よりも、こちらの方が美味しい
どうも麦の種類がいくつか入っているようで、中でも「もち麦」というのが良いらしい

玄米よりも食物繊維が多いとかで話題になっているようだが、健康食品にありそうな「我慢して食べる」感じは全く無く
普通に美味しく食べられる
それと玄米は炊くのに圧力鍋が必要になったりと、手間がかかるけど
麦飯なら普通に白米を炊くのと手順がほぼ一緒
(洗った米に麦飯と水を足すだけ)
ただし、当たり前だけど、普通に白米を炊くよりは割高な主食になる

丼に盛った麦飯に、山芋をすり下ろして、マグロの漬けなんか添えたら、これはもう絶品
それから、硬めを意識して炊くと、これがチャーハンの米としても抜群に旨く、腕が上がったように感じるくらい
それ以外で、個人的にヒットした食べ方
テーマは冷蔵庫の残り物処理

・オリーブオイルを敷いたフライパンに平たく冷たい麦飯を敷いて
・その上から玉ねぎを煮込んだコンソメスープをかける
・周りには刻んだベーコンと、トマト、キノコなどを散らす
・その上に溶けるチーズを大量投下、塩とコショウ、ガーリックやバジルの粉を適当に振る
・蓋をして、スープの水分が程よく飛ぶまで焼いていく
・水分がなくなると、フライパンの音が少し変わるので、軽く強火で煽る
・あとはできるだけ熱いうちに食べる

細かいことを考えず、材料を順番にフライパンに突っ込むだけの、大雑把な食べ方
テーブルには鍋敷きを用意して、そのまま出すのが我が家の伝統
玉ねぎの甘味とトマトの酸味が、香ばしい焼いた麦飯と一体となって
いくらでも食べられそうになってくる

ただ、親父に気を使って半円形にチーズを持ったのに、親父がチーズの方を無言で持って行ってしまった

意味ねえ!

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 彼者誰 彼者誰 より:

    読んでたら無性に腹が減ってきました!!ごはん食べた後なのに!!
    麦飯に、山芋をすり下ろして、マグロの漬けなんか添えたら←これに青じそなんかものっけたいっす!

コメントを残す