2016-08-01

しばらく触れていなかったけど唐突に存在を思い出して遊びたくなる
ARMA3
仲間内でマルチで遊べる環境を、ミッション作成含めて模索していくことに
まず、ARMA3の最大の欠点である未来武器・兵器をMODの力で解決
欠点というか、矛盾だよなあ

究極のリアルな戦場シミュレーターを謳っているのに「でも武器は架空です」って変な話としか……
色々な配慮で、舞台を架空の島とか土地にするのはまあ我慢できるけど、一番世話になる武器が得体のしれない得物だと、こう、テンションが上がらない
この点はさんざん言われているし、簡単に解決できるから良いんだけど
ただ、相変わらず乗物に関する作りこみは甘いと言わざるを得ない
特に車に関しては、ユキチさんから聞いたかぎりOFPの頃から「全く進歩がない」模様
計器類もちゃんと連動するし、なんとなく遊んでる分には別に気にならないのだが
なんで鬼トルクのはずの戦車が坂道で失速するんだ?
それも普通の未舗装路で
自分は乗物の中でヘリが好きなんだけど、ヘリに関してもちょっと残念な部分が
特に攻撃ヘリで気になる点が
今時の攻撃ヘリ(戦闘機)の機内には計器の代わりにMFD(マルチ・ファンクション・ディスプレイ)があって、状況に応じて各ディスプレイの表示をパイロットの好きに切り替えられるというモノ
具体的には、目標をロックオンした時に赤外線カメラで捉えた画像を表示するとか、敵味方の現在位置を表示する地図とか、そういうの
特にアパッチ型の攻撃ヘリには機首にいくつもカメラがあって、それらの画像を表示できる
目視できない数キロメートル離れた目標を、ホバリングしながら機関砲で狙い撃つのをディスプレイを通して確認できる
とっても便利で、特に夜間の作戦時には頼りになる
なんだけど、ARMAの攻撃ヘリ(と戦闘機)には、この機能が実装されていない上に、計器はナイトビジョンにも対応出来ていない素敵仕様(眩しくて見えねー)
なんかツメが甘いとしか言いようがない出来

そんなこんなで環境を整えて、お試しミッションを作って何度か遊んでみたけど
ミッションを作るのって凄く難しい
3Dエディターが実装されたことで、人や乗物、兵器やオブジェクトの配置が物凄くやりやすくなった
特に固定兵器や障害物なんかの配置が面白い
その気になれば、建物を置いて内装まで凝ることができるけど時間かかる割にゲームではスルーされる要素なので脱力してしまう
あとは装備を編集したユニットをグループ単位で保存できる機能が実装されてて、これもミッション作る時の手間を色々省いてくれる
最初は3Dエディターの操作がよくわからず、2Dの頃のが良かったと思ってたのに
慣れたらこんなに便利なのかと、あっさり手のひらを返す

システム面での理解がおぼつかない、手探り状態でやってるのもあるから、シングルで問題なく遊べたと思っても、マルチで人を呼ぶと挙動が変な感じになったりして困る
例えば死んだら待ち時間を経てリスポーンの設定をしたと思ったけど、それがちゃんと動かなかったり
あとはスクリプトがうまく動いていないことが発覚したり…
もうちょっと勉強がいるなと反省中

プレイ時間の6割くらいはエディターを触っているけど、全然自分の能力が進歩してなくて悲しい

あわせて読みたい

コメントを残す