2016-08-08

gacktんから勧められたガールズパンツァーを鑑賞
ハマるだろうという大方の予想を裏切り、あんまりのめり込まなかったという……
艦これとか好きだったから、美少女×ミリタリーなものに抵抗はないはずなんだけど
もう第一話を見た初見の感想が「ヘルメットを被れ」「ツナギを着ろ」で、これが最終話通り越して劇場版まで続く

スポ根友情モノとして見る分には、可もなく不可もなしという印象と言いたいけど、顧問があんまり役に立ってないのが残念な点
色々個性のある主人公サイドが、友情・努力・勝利を体現していくという「普通」の物語
ディテール面は自分が戦車に詳しくないというのを置いても、きっと良く出来てるんだと思う
あと、街中で戦車バトルして出た被害はきっちり保険が適用されるという謎設定が面白かったり

ただ、同じ戦車vs戦車の設定を利用してる作品だと、パンプキン・シザーズの「戦車は貴族の乗物」「だから騎士道精神に則って堂々と戦う」という方が心にくる

キャラクターに関しては、特に主人公(ヒロイン)に人間味が感じられなくて、見ていて「コイツは何考えてんだ」と疑問符が浮かぶ場面が多々
普通さ、エリート校から弱小校に転校(左遷)させられた人間がさ、糞弱いチームの面々見て「一緒に頑張りましょう」って言う?
言うにしても、心のなかでは見下してるでしょ?
でその悪い第一印象を見なおして心身ともにエリートとして立ち直っていくのが、王道じゃないのかな、と凡人は思う
性格が良い子だからそんなことはしないって言う説もあるけど、性格の良い子はそもそも戦車に乗らないはず
その後gacktんから聞いた、ネットの噂という西住殿サイコパス説にちょっと感心
それなら納得

それにしても、劇場版のプロット、これ誰も怒らなかったのか甚だ疑問
「インターハイに勝てば廃校は考えなおしてやる」
という条件で奮闘するのがテレビ版で、彼女たちはひたむきに目標に向かっていったのだが
「あれは嘘だ」「は?」
で、廃校を免れたいのなら、もう一度(勝てる見込みのない)試合に勝てという
劇場版のプロットがこれ
いやいや、おかしいでしょ
眠気と闘いながら、長い冒頭のエキシビジョンを頑張って見たのに、メインストーリー始まったと思ったらこれだよ

昔、超魔界村っていうゲームがあったんだけど
アレのお姫様に殺意湧かなかった人いる?
こっちはパンツ一丁になってまで姫助けに魔王倒しに行ったのに、最後の最後で「武器取りにもう一周走れ」これ
今手を挙げたあなたは西住殿予備軍なので、精神科医に相談してどうぞ

多分、全体的に真剣味が足りてない作品なんだと思う
女子高生が戦車乗って戦う(ごっこ)っていうのは、いいんだよ
で、それが当たり前の世界の設定も全然あり、というかそれありきじゃないと成立しないし
だからこそ、ちゃんとするとこはちゃんとして欲しいという願い
結局は最初の感想にここで立ち戻る
「ヘルメットを被れ」「ツナギを着ろ」

あわせて読みたい

コメントを残す