2014-08-09 ― ArmA 3・2 & Infestation: Survivor Stories

嫁が子供2人を連れて嫁の実家に遊びに行っているので時間がたっぷり。
せっかくだからどっぷりやるゲームをやろう、と、DayZ系のゲームを遊んでみた。

プレイしてみたのは『ArmA3 Breaking Point』と『ArmA2 DayZ Epoch』、そして『Infestation: Survivor Stories』。
まずはスタンドアローンゲームの『Infestation: Survivor Stories』。元々は『WarZ』というゲームで公開され、実装された機能の少なさやバランスの悪さその他で無茶苦茶ひどい評価、そして商標や類似タイトルとの混同を避ける為の名称変更が行われる等、数々のいわくつきゲームであるものの、その後のアップデートでそこそこ遊べるゲームになったらしい。
暫く遊んでみた感じ、ArmA MODタイプのものに比べれば操作にしろアクションにしろだいぶカジュアルな雰囲気で取っ付きは良かった。ビジュアル面もゲームらしい雰囲気で悪くない。セーフティーエリアが用意されていて、探索し入手したアイテムはそこに保管する事が出来る。(アイテムボックスを設置する様なものではない) 気になる点としては主に近接戦闘の部分で、振りこそ早いもののモーションはDayZレベルのお粗末なもので、また車の屋根に飛び乗る等すると大抵のゾンビはあがってこれず攻撃が届かないというゲームっぽさ丸出しの部分。
State of Decayまでいっちゃうと素手でも結構ゾンビ無双出来ちゃう (ドロップキックで蹴倒してストンプで頭粉砕) から雰囲気的にやり過ぎになっちゃうけれど、例えばローリング緊急回避的なものを入れるとか、あれに近い「近接アクション」の要素あったら、キャラデザインとプレイ感覚の、良い意味でのゲームっぽさと相まってかなり楽しかったろうなぁ、と思う。
その他、とにかくいきなり撃ってくる野党ばかり、みたいな話も聞いたけれど、それはこの手のゲームはどれもそういうものだと思うから言われる程は気にならなかった。自分が相手を先に発見出来た時は敵意ない事示しつつ近づいたら仲良くしてくれた人もいたし。(問答無用で撃ってくる人もいたけど)

次は『ArmA3 Breaking Point』。ArmAシリーズの最新作3のMODの形式で配布されているもので、現時点では派閥 (クラス) 選べたりするものの基本的な部分は初期DayZと一緒。
なので単にArmA3のシステムでDayZが出来るよというレベルのものに過ぎないんだけれど、ArmA3の武器のアタッチメントシステムやグラフィックの向上、キャラクターモーションの改善等細々良い感じに仕上がってるので結構楽しい。それとデフォルトマップで大抵の建物に入れる様になってるのもArmA3のMODならでは。個人的にBreaking Pointの「歩くゾンビ」は好きだし、モーションも良い感じ。DayZオリジナルの「走るゾンビ」は、モーションの酷さに加えてパスファインディングの関係かいきなり明後日の方向に走りだす・変な方向転換を行うような事が多くて正直嫌いなので。(L4Dシリーズくらい素直に綺麗に突撃してきてくれるならアリなんだけれど)
気になる点はDayZ系共通のものとして近接アクションに関するものと、「所詮は初期DayZ」な部分。まぁDayZの魅力を「広大なマップを使ったPvP」として捉えてる人なら初期DayZ上位版としてものすごい楽しめるんだろうけれど、どちらかというと「ゾンビやバンディットに怯えながらの生存戦略」を楽しみたい人なので、この「できることの少なさ」は気になるよね。
頻繁にアップデートされてるから今後に期待。

最後に『ArmA2 DayZ Epoch』。これはArmA2 MOD版DayZの派生MODで、NPCのトレーダーとバンディットが追加されている事、建築のシステムがある事が大きい特徴。
建築に関して動画を見て「どんな事が出来るのか」を確認したところ、もうほぼRust。壁や床を1枚1枚配置して建築する事が出来、特殊な形の建材もあるし、建築要素 (壁とか) に窓をはめ込む等のアップデートも可能で、自由度が高い。まだ試していない&動画等で確認したりもしてないんだけれど、釣りや農耕もあるみたいで、穴掘り出来ないマイクラ的でもある。ただのPvPゲームに成り下がったRustは何だったんや…な気分になる。
気になる点はお約束近接アクションの他、「ああそうでしたそうでした、ArmA2ってこうでした」ってところ。特にBreaking Pointやった後だから強く感じるんだけれど、マップ (チェルナス) 上の入れる建物が少ない。「この街はこの建物に入れる」って覚えれば気にならないのかも知れないけれど、なんていうか入れない建物見るたびに頭の中で「舞台セットです」「書割です」って声が聞こえてきて興をそがれる。
その他、インベントリ関係ではメインウェポンとハチェットの切り替えが非常に面倒なところ、お約束の「奇妙な方向転換を行いつつ走り寄るゾンビ」等、BPやった後だからこそ気になる部分があり、総評として前述の「ArmA2ってこうでしたね…」となる。
ArmA3版のEpochが現在開発中みたいなので、それに期待。

総評として、現時点でどっぷりこれをやろう、となる様なゲームはなし。
今後期待できそうなのは、『ArmA3 Dayz Epoch』の他、Epoch寄りのDayZクローンArmA3MODとして開発中の『2017』。
その他、H1Z1というMMOゾンビサバイバルも。これはArmAがらみじゃないので、特に近接アクション面での充実を期待したいところ。

あわせて読みたい